過程を認めて貰おうとすんじゃねぇよ

私の友人に、「○○って配信者面白い?」って聞くと、「頑張ってるよ」って返す奴がいるんだよ。

価値観は人それぞれだし、頑張ってるのが悪いわけでは決してないんだけど。

なんかそれ違くね?って。

 

スポンサーリンク

頑張ってるみたいな褒め方が嫌い

配信を頑張ってる、みたいな褒め方がそもそも嫌いなんだよな。

頑張ってるって言われても、だから何だよって感じだし。

過程を認めてもらおうとするな。

結果を出せ、結果を。

 

てかさ、クリエイターが生みの苦しみを語るのって一番ダサいと思うんだよな。

「私はこれだけ頑張ったんです。だから、私を評価してください!」って。

こんなにダサいこともないだろ。

 

クリエイターなら作品で勝負しろよ。

くだらない自己弁護をしてる暇があったら、より良い作品を作ることに全てを懸けろ。

 

 

頑張ってるっていう表現もおかしい

そもそもの話、配信って頑張るものじゃないだろ。

下手に金を稼げるから見失いやすいけど、ただの趣味なんだから。

楽しかったらやる、つまらなかったらやらない。

それだけだろ。

 

それだけの話なのに、何を勘違いしたのか、やることがねぇ、ネタがねぇって言いながらつまらなそうに配信をする。

自分が楽しめるネタがないんだったら、そもそもやる必要もないと思うんだけどな。

そんな無理してやるもんでもないし、無理してやった配信なんてつまんないだろ。

 

 

これブログでも同じだと思うんよな

これってさ、何も配信に限った話じゃなくて、ブログでも同じことが言えると思うんだよ。

GoogleトレンドとかTwitterに張り付いて、常にバズりそうなネタを嗅ぎまわって。

それが悪いとは言わないけど、それが本当にやりたいことなのか?書きたいことなのか?って疑問を覚える。

 

あと、Twitterの「#ブログ書け」ってやつもめちゃくちゃ嫌い。

マジで薄気味悪い。

ブログなんて、書けって言われて書くもんじゃねぇだろって思う。

書きたいことがあるなら書けばいいし、書きたいことがないなら無理して書く必要もないだろ。

 

Twitterでは収益化やらSEOやらの話題が盛んだけど、ブログなんて素人の日記帳でしかないんだから。

小難しく考えすぎなんだよな。

毎日投稿とか、毎月の収支報告とか、PV数とか。

 

……

なんか耳が痛くなってきた。

 

 

イタイなぁ……耳も昔の自分も

今回の話って、ほぼほぼ私の体験談なんですよね。

ブログをリニューアルした時に、その辺の記事は殆ど整理しちゃったんだけど。

私はこんなに頑張ってるんだから、私の記事を見てくれ~みたいな。

そんなイタイ時代があったんよ。

 

まぁ、あの頃は若かったからね。

社会ってものを知らなかったし、まだ自分の可能性を信じていたし。

ホリエモンやらイケダハヤトやらに影響されて、ブログをやたら高尚なものだと考えていた時期でもあった。

 

所詮遊びなんだよな、ブログなんて。

てか、遊びだからこそ面白いんよ。

配信だってそうだし、他のクリエイティブ活動だってそう。

“やらなきゃいけない”じゃなくて、”やりたい”だから面白い。

 

 

まだ私は書くために書いてる部分がある

未だに私は、書かなきゃいけないって思いながら書いてる時がある。

そんな気持ちで書いた記事なんてつまんないのは分かってるんだけど、強迫性障害の如く記事を書かないことに罪悪感を覚える時がある。

無理やりネタを拾ってきて、ダラダラと締まらない記事を書いてる時がある。

 

抜け出さねぇとな、これは。

ブログってさ、何かを表現するために書くわけじゃん。

書きたいこと、伝えたいことがあるから筆を執るわけで。

前述の通り、書きたいことがなかったら書く必要なんて微塵もないんだよな。

 

もっと情熱を持って、パッション全開で書かないと。

感情のままに書きたいことだけを書き殴って、もっともっとブログに熱狂して。

その先に、クリエイターとしての狂気と狂喜があると思うから。

雑記
スポンサーリンク
シェアする
かUmaをフォローする
電子の海で遭難中
タイトルとURLをコピーしました