【ポケモン剣盾】キョダイマックスとメタモンに注目!?シーズン2の環境予想

昨日1月3日より、ポケモン剣盾のランクバトルシーズン2が開始されました。

つい先日にシーズン1が終了したばかりですが、余韻に浸る間も無くシーズン2も始まってしまいました。

私も今回は気合を入れて、上位を狙えるように頑張っていこうと思います。

 

さて、シーズン2の目玉と言えば、やはりキョダイマックスの参戦。

一部のポケモンのキョダイマックスがシーズン2より参戦しました!!

キョダイマックスによって対戦環境はどのように変わるのか。

今回は、キョダイマックスを含めたシーズン2の対戦環境を予想していこうと思います。

 

スポンサーリンク

キョダイマックス

まずは、キョダイマックスが環境に与える影響から考察していきます。

その前に、シーズン2で参戦するキョダイマックスポケモンをまとめてみましょう。

  • ピカチュウ
  • イーブイ
  • リザードン
  • カビゴン
  • ニャース
  • バタフリー
  • カジリガメ
  • アーマーガア
  • サダイジャ
  • マルヤクデ

以上となっています。

 

最強のキョダイマックスと名高い、キョダイマックスラプラスは登場しません。

流石に性能が高すぎて自重した、というところでしょうか。

 

このラインナップの中で注目しているポケモンとして、まずはキョダイマックスカビゴン

キョダイサイセイによるきのみの回収が強力で、きのみを活かした新たな型が生まれることが予想できます。

カビゴン自身が元々アタッカーから耐久と型が多く、更に対策が難しくなりそうです。

 

あとは、順当にキョダイマックスアーマーガア辺りが注目株。

ダイジェットが使えないデメリットはありますが、代わりに強力なキョダイフウゲキが使用可能。

元々採用率が高く強いポケモンなので、単純に型が増えるだけで脅威となります。

 

個人的な推しは、キョダイマックスピカチュウ。

電気タイプの少ない環境で確定麻痺は中々強力に思えます。

似たようなタイプで、キョダイマックスバタフリーも注目ですね。

こちらは毒、麻痺、眠りと三種類からランダムになりますが、電気タイプで止まらず確定で状態異常をばら撒けます。

 

さて、そんなキョダイマックスですが、環境に与える影響はそこまで大きくないと個人的には感じています。

キョダイマックスカビゴンもアーマーガアも強力ですが、彼らが環境トップメタとなり、彼らを中心にメタが回ることは想像しづらいです。

やはり、期待すべきはキョダイマックスラプラスでしょう。

キョダイマックスラプラスが参戦してからが、キョダイマックスの本領発揮となりそうです。

 

メタモンの流行

キョダイマックス以上に環境に影響を与えることが予想されるのが、このメタモン。

シーズン1の最終1位だった方がメタモンを使っていたことから、暫くの間はメタモンが流行ると考えられます。

 

メタモンの特徴は、なんといっても変身。

姿かたちだけでなく、相手の能力変化ごとコピーすることができます。

この特性により、相手の積みポケモンに対し強力な切り返しとして働きます。

そのため、メタモンが流行ることにより、積んで抜くタイプの所謂抜きエースは環境から姿を消すのではないかと予想出ます。

シーズン1で大流行した弱点保険やダイジェットによる抜きエースも少なくなることが予想でき、メタモンは環境に大きな影響を与えるでしょう。

 

受け構築の推移

ポケモンのパーティ構築は攻めと受けの二種類に分類されますが、シーズン1においては最終的に受けが勝利しました。

最終1位の方はメタモンを嫁ポケとして組み込んでいましたが、基本はドヒドイデ・アーマーガア・トリトドンを採用した受けの構築でした。

ですので、シーズン1においては受けが攻めを上回っていたと考えられます。

ですので、ここではシーズン2における受け構築の推移を考察して、この記事を終えようと思います。

 

まず、先程の考察通りメタモンが流行った場合、受け構築は更に盛り上がると考えられます。

メタモンのお陰で受け構築の天敵である崩し要因が少なくなり、更にそのメタモンにも受け構築は強く、環境にマッチしています。

そのため、メタモンが流行った場合、少し遅れて受け構築が流行ると思われます。

 

また、キョダイマックスカビゴン、アーマーガアの登場も受け構築には追い風です。

特にキョダイマックスカビゴンはかなり耐久面に能力が高く、受け構築の強力なパーツとなることが予想できます。

 

ただし、アーマーガアの強化は受け構築にとって逆風にもなり得ます。

アーマーガアはその性能の高さゆえに受け構築以外でも幅広く採用されており、ちょうはつ持ちの個体も非常に多いです。

S67という絶妙な素早さにより、多くの耐久型ポケモンの上から挑発を撃つことができます。

この性質により、アーマーガアは受け構築にとって非常に厄介な存在となっています。

 

あとがき

今回は、個人的に注目株のキョダイマックスとメタモンを中心に、シーズン2の環境を予想していきました。

過去記事で注目のポケモンを書きましたが、今回は環境全体を予測した感じですね。

【ポケモン剣盾】シーズン2で育成するべきポケモンまとめ!注目ポケモンの育成・対策を紹介!
1月1日の朝9時。 ポケモン剣盾のランクバトル、シーズン1が終了しました!! 元日ということで、中々時間の取れなかった方も多かったかもしれません。 私自身も最終日に時間を取ることができず、実質マスターボール級に到達...

 

私事になってしまいますが、ここ数日家から出かけており、PCでの作業ができていませんでした。

そのためスマホから作業をしていたんですが、イマイチ操作がしづらく、記事もあまり良い物が書けませんでした。

ここ数日はクオリティの低い記事が連発してしまい申し訳なく思っています。

只今帰宅しPCを触ることができるようになったので、ここ数日の記事をリライトしていこうと思います。

同時に、前回の記事に書いた通り、ゲームの特化ブログにするための整理ですね。

404 NOT FOUND | 電子の海で遭難中
ゲームとか、ITとか。えれくとろにっく()なブログを目指します。

こちらもやっていこうと思います。

 

今回の記事は以上となります。

読んでくださった皆様、ありがとうございました。

ポケモン剣盾
スポンサーリンク
シェアする
かUmaをフォローする
電子の海で遭難中
タイトルとURLをコピーしました