【FF7R】チャプター18の考察

原作では、ルーファウスを倒した後、そのままバイクでミッドガルを脱出するんだけど。

リメイクの方では、正体不明のボスと戦い、更にセフィロスとも一線を交えるというオリジナルストーリーが挿入されていました。

 

当然、原作からの大きな改変は賛否両論の嵐。

リメイクならではの色が出せていて良いという意見から、無駄なプライドで神ゲーを汚すなという意見まで。

実に様々な意見がネット上で飛び交っています。

ちなみに、私はチャプター18否定派。

 

今回の記事では、この物議を醸したチャプター18について考察していこうと思います。

発売から4ヶ月が経っていて、もう今更感も凄いんですが。

まあ、のんびり考察していきますよ。

 

スポンサーリンク

そもそもフィーラーって何だったの?

FF7リメイクから新登場したキャラクター(?)、「星の運命の番人」であるフィーラー。

まずは、フィーラーって何だったの?ってところから謎を紐解いていこうと思います。

 

他の考察を見る前の率直な意見としては、「歴史の修正者」という表現がしっくりくるかなと。

ストーリーが大筋から外れそうなときに、ちょこちょことそんな映写はされていたんですが、確信に変わったのは宝条がクラウドと出会ったとき。

宝条が「お前はソルジャーではない」と言うのを邪魔されたことで、仮説が確信に変わりました。

 

そこから、様々な考察や意見を読み漁り、私が導き出した結論が以下。

フィーラーとは、ストーリーを原作通りに展開させるための存在である。

リメイクの展開が原作から離れそうなときに、それを修正する役割を持った存在だと考察しました。

 

 

そう考えると、色々辻褄が合うんですよ。

宝条が物語の核心に触れたときに邪魔したのも、バレッドが刺された時にフィーラーが回復させたのも。

序盤にジェシーを負傷させることで、クラウドを作戦に参加させたりもしていましたね。

 

一つだけ微妙なのが、チャプター12で七番街を守るとき。

あの場面は、原作でもプレートの支柱に向かっていましたし、特に原作との乖離はなかったはず。

あのままクラウド達が到着すると、七番街を守れてしまうからでしょうか?

そう考えると納得がいくかも。

 

 

あと、ストーリー序盤から私が気になっていた、原作ありきで話が進んでいることにも説明がつくんですよね。

下記の記事にある通り、FF7Rは完全に原作プレイ済みユーザー向けの内容でした。

24歳完全初見が感じたFF7R ~ FINAL FANTASY VII REMAKE【感想】|ヒヒガシ|note
FINAL FANTASY VII REMAKEはPS4で販売中のRPG。傑作と名高い同名の作品、そのリメイクが本作。複数作で展開されるシリーズの第一弾であり、本作を待ち望んだファンも多いだろう。 かくいう私はFFシリーズ自体に馴染みがなく、はじめて買ったFFが15なくらいのニワカだ。今回は、そんな私がFF7リメイク...

 

私はFF7の原作をプレイしていたので、話にもついていけましたが。

プレイしながら、初見だったら意味わかんねぇだろうな~と思ってたし、それ今やったら後の感動が薄れるじゃん!みたいな演出も多かった。

先の宝条の件とか、クラウドの態度がどんどん柔らかくなるのとか。

知ってる人からしたら気にならないんだけど、初見でそれ先に知っちゃったらダメじゃね?みたいなのが目についた。

 

でも、それも全てフィーラーが歴史の修正者なら、敷いてはFF7Rの世界線が原作とは別物なら辻褄が合う。

リメイクという名前が付いているだけで、実際には20年越しの続編だったのかもしれません。

 

 

フィーラー=プラエコを倒したことで、原作とは全く違うストーリーが展開される?

チャプター18で戦うことになる、突如現れた敵「フィーラー=プラエコ」。

フィーラーの親玉である奴を倒したことで、今後のストーリーは原作とは全く別物になるということを暗示しているのでしょうか。

 

続編が出るまで答えは分からないけど、恐らくそういうことだよね。

予想だけれど、カームまでは原作と同じ展開で行くと思う。

あそこはクラウドの過去が語られる重要なシーンだし、流石に外さないはず。

 

そっから先はどうなるだろうなぁ。

ウータイや本家のアバランチ絡みでオリジナルストーリーがありそうだなぁとは予想できるけど、それはあくまでも挿入だからね。

改変とは違う。

 

改変と言われれば、真っ先に思いつくのはエアリス生存ルート。

オリストの挿入とは違い、エアリスの生存は完全な原作からの改変になるからね。

サガフロンティアなしでもエアリスが生存できるなら、原作とは全く違ったストーリーが展開されることになる。

 

 

エアリスとセフィロスは2周目??

ネット上でまことしやかに囁かれているのが、エアリスとセフィロスは原作の記憶を持つ2周目だという説。

電波発言を繰り返すエアリスや、フィーラーとの不自然な接触をするセフィロスを見て、この二人は原作の記憶があるんじゃないかと噂されています。

 

これも結局は続編が出るまで答え合わせできないけど、少なくともエアリスは原作の記憶を持ってないんじゃないかな。

もしくは、持ってるとしてもごく一部とか。

 

もしエアリスが原作の記憶を完全に持っているとしたら、七番街プレートの攻防でもっと上手く立ち回れたと思う。

電波発言が増えたのは新羅に行ってからなので、記憶を得たのはそこからかもしれないけど。

 

でも、そうだとしても納得のいかない部分が多い。

そもそも、原作の展開でセフィロスは倒せているわけだし、わざわざフィーラーを倒して未来を変える必要はないはず。

寧ろ、フィーラーと協力してセフィロスを倒す方向が正しい。

 

原作通りに進むとエアリスは死んでしまうから、そこを懸念してなのかもしれないけど。

でも、それだったらエアリスは自分を犠牲にすると思うんだよなぁ。

自分の命一つでこの星を救えるのなら……みたいな。

その辺は、私の解釈の問題だから何とも言えないけど。

 

ただ、何らかの形で未来の情報を得ていることも確か。

だから、未来視のような形で原作の記憶を一部覗ける、というのが正しいんじゃないかと。

 

 

答え合わせが出来るのはいつになるのか……

悩ましいのはこれよね。

果たして、全ての答え合わせが出来るのはいつになるのか。

考察に考察を重ねても、謎が紐解かれるときにはPS6が発売してるかもしれない。

 

ただ、多少贔屓目に見てる部分はあるけれど、そこまで時間は掛からないんじゃないかなと思う。

まず、土台となるモデルは既に完成しているわけだからね。

FFチームが一番力を入れているであろう、キャラの顔や髪の毛の一本一本は既にできているわけだし、一から作品を作るよりは断然開発スピードが速いはず。

 

あと、ストーリーを原作と別物にするのなら、そもそも原作の広大なマップや冒険を再現する必要はないわけだしね。

次回作以降は設定だけFF7を流用した作品になるかもしれないし、そうなれば次回で完結してもおかしくない。

 

 

まぁ、我々は待つことしか出来ないので。

考察もひとしきり終わってしまいましたし、気長に次回作を待つとしましょう。

たぶん、忘れたころに続編が来るだろうから。

FF7リメイク
スポンサーリンク
シェアする
かUmaをフォローする
電子の海で遭難中
タイトルとURLをコピーしました