【Fortnite】ワンタイムイベント「パーティーロイヤル」の感想

朝の10時。

眠い目をこすりながらなんとか起きて、ワンタイムイベントを見てきました。

動画はこちら

【パーティーロイヤル】ワンタイムイベント【Fortnite】

 

今回はね、このワンタイムイベント「パーティーロイヤル プレミア」についてだらっと書いていく記事。

あんまり内容のない記事なんで、適当に見てってください。

 

ちなみに、イベントは再放送の予定あり。

先日の「TRAVIS SCOTT」もそうですが、再放送してくれるのは本当にありがたい。

見逃した方はぜひ、深夜で大変ですが見る価値はあると思います。

 

スポンサーリンク

正直、演出は「TRAVIS SCOTT」の方が凄かった

今回の「パーティーロイヤル プレミア」は、DJ三人によるライブ系のイベントだったんですよね。

専用のステージに皆で集まり、ゲーム内でライブを見るっていうやつ。

同様のイベントとしては、古くはマシュメロのライブイベントとか。

奇しくも、今回のイベントもマシュメロ同様にEDM系の楽曲でした。

 

でさ、ライブイベントってなると、どうしてもつい先日の「TRAVIS SCOTT」のイベントと比べちゃうんですよね。

そうなった時に、どうしても「TRAVIS SCOTT」の方が凄かったなぁというのは拭えない。

いや、今回のイベントも十分楽しかったし、ワンタイムイベントに相応しい物だったとは思うけど。

やっぱ「TRAVIS SCOTT」の方が凄かったよね。

「TRAVIS SCOTT」の動画はこちら

【TRAVIS SCOTT】ワンタイムイベント【Fortnite】

 

てかさ、「TRAVIS SCOTT」のイベントが凄すぎたんですよ。

あれはめちゃくちゃに演出が凝ってた。

現実のライブイベントじゃできないような、まさにゲームならではのイベントだったしね。

Fortniteの特徴が最大限に活かされたイベントだったと思います。

それと比べるとってところは、正直ある。

 

 

 

こういったカジュアルなイベントは今後も続けて欲しい

「TRAVIS SCOTT」っと比べてってことで少し厳しめの意見になってしまいましたが、十分に面白いイベントだったのは確かです。

流石にこのペースでイベントを続けるのは難しいと思いますが、こういったカジュアルなイベントはどんどん実装して欲しいところ。

 

最近はFortnite自体に批評が集まりがちですし、私自身も酷評することが多かったです。

ただ、今回のイベントで改めて感じたんですよね。

Fortniteの真髄はこれだって。

 

だって、このイベントってFortniteじゃなきゃできないわけで。

Apexだって、CS:GOだって、VALORANTだって、このイベントはできないですよ。

これはFortniteの世界感あってこそのイベントだし、こういったカジュアルなイベントこそがFortniteの真価だと思う。

恐らく、運営もそっち方面に舵を切っている感じがするんですよね。

 

とはいえ、建築という要素は本当に画期的だし、まだまだ競技としての需要は続くと思うけど。

一部の人しか楽しめない競技イベントよりも、こういったユーザー全員が楽しめるイベントの方が良いよ。

この先どう頑張ってもさ、競技としてのFortniteは先細りでしかないし。

少なくとも、Epicはそう考えてるはず。

だから、あとは我々ユーザー側の姿勢の問題でしかないんですよね。

そろそろいい加減ね、eスポーツの呪いからFortniteを解放して良いと思うんだ。

 

だから、バトロワを疎かにして欲しいとは思わないけど、私個人としてはこういったイベントに力を入れて欲しい。

新モードだったり、ハチャメチャなアイテムだったり。

そういった、FortniteがFortniteらしく感じられるように運営していって欲しいと思う。

 

最近のFortniteはアプデ頻度も高いですし、ユーザーとのコミュニケーションもしっかり取れていますからね。

返り咲くとまでは行かないだろうけど、少しずつ良くなってるんじゃないかなと思います。

Fortnite
スポンサーリンク
良かったらシェアして頂けると嬉しいです
Umaをフォローする
一生ゲームで生きていく!
タイトルとURLをコピーしました