【ゲームニュース】ポケダンDXがついに発売!!FF7リメイクの体験版は??来週発売の仁王は注目必須!!他【20/03/02~03/08】

早いなあ。

もう、3月入ってから1週間経ってしまいましたよ。

このくらいの時期になると、新生活とか新学期とか、色々と新○○の話が出てくるものです。

この年になるとね、期待よりも不安の方がずっと大きくなってしまいますが。

 

さて、今週もゲームニュースの記事を書いていこうと思いますよ。

このゲームニュースの記事も2020年になった直後から書いているので、もう2ヶ月ですか。

当初の想像以上にちゃんと続いていることに驚きつつ、これからも続けていきたいと思いますね。

まあ、これだけ続けているカテゴリーの割には一切伸びないんですが(笑)

 

とはいえ、やっぱりゲームニュースの記事は書いていて楽しいので良いんです。

採算度外視というか。

時間効率を考えたら、採算取れている記事の方が少ないと思うし。

いつも通り、私の独断と偏見でゲーム業界のニュースをピックアップして紹介していきます。

 

スポンサーリンク

週間ゲーム売上ランキング

先週から始めた新しい試みですが、たぶん来週はやりません。

なんでかって?

遅いんですよ。データが。

 

今週のニュースをまとめる記事で、このゲーム売上ランキングだけ先週のものなんですよ。

なんかねえ。合ってない感じがするよね。

そういうことなんで、このコーナーは早くも今週で最後。

おそらく、カテゴリーはこのまま別で記事にすると思います。

 

 

では、気を取り直して先週のゲーム売上ランキングはこちら。

  1. ポケモン剣盾(Switch)
  2. ペルソナ5S(PS4)
  3. マイクラ(Switch)
  4. マリカー8DX(Switch)
  5. スマブラSP(Switch)
  6. ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション(Switch)
  7. リングフィット アドベンチャー(Switch)
  8. ペルソナ5S(Switch)
  9. マリオパーティ(Switch)
  10. 脳トレ(Switch)

集計期間は2月24日~3月1日。

先週同様、ファミ通様のゲーム販売本数ランキングから印象させて頂いております。

ゲーム販売本数ランキング(PS4、Switch、3DS) - ファミ通.com
PS4、Switch、3DS等の推定ゲーム販売本数ランキング30件です。2020年3月2日~2020年3月8日に集計された店舗データが元になっています。

11位以降のランキングはリンク先にて。

 

 

さて、なんともつまらないランキングになりましたね。

まあ、仕方ないか。

キラータイトルが少なかったし。

 

久しぶりに剣盾が1位に輝きましたが、先週の販売本数は24,886本となっています。

凄いですよね。

累計で300万以上売れて、世界では1600万以上売れている作品が、未だにこれだけ購入されるっていうのは。

流石はポケモン。

 

ポケモンといえば、今週は「ポケダンDX」が発売されましたね。


ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX -Switch

当ブログでも記事を書いていますが、中々面白いですよ。

中々っていうか、凄い面白い。

 

まず、ストーリーが良いよね。

本家ポケモンシリーズの中で最高のストーリーはBWだと思っているんですが、ポケダンDXはあれに並ぶ作品だと思います。

個人的には時・闇の探検隊も好きだけどね。

 

基本は赤・青と一緒のストーリーなんですが、グラフィックだったり細かいシステムがだいぶ違って、新しい作品をプレイしているような感覚。

それでいて要所要所はしっかり原作の良さを引き継いでいて、本当に理想的なリメイクだと思います。

まず確実に、今週の売上ランキングには入ってくるでしょう。

 

 

そろそろポケモンから離れますか。

とはいえ、ポケモン以外に何か取り上げるところあるかな?

 

強いて挙げるなら、「ペルソナ5S」かな。


ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ – PS4

PS4・Switchの両機種でワンツーフィニッシュを取ったペルソナ5Sが、今週もしっかりランクインしています。

PS4版に至っては剣盾に次いで2位ですからね。

大健闘ですね。

 

ちょっと話飛ぶんですが、少し前に1位を取って話題になった格闘ゲームを皆さん覚えていますか?

グラブルVSっていうんですが。

 

もうね、ランキングにも載らなくなってきました。

一応は24位と踏ん張ってはいますが、次はどうだろう。

30位には載っていて欲しいな。

グラブルVSの前に1位を取っていた龍が如く7も、なんとか30位以内で粘っているという状態。

 

何が言いたいかっていうと、それだけランキングに残るというのは大変なんだということ。

ペルソナ5Sなんて2機種ですからね。

両機種とも10位以内に残るっていうのは凄いことなんですよ。

周り道が凄かったけど、それを言いたかった。

 

 

来週発売の注目ゲーム

こちらも先週からの試みですが、先の週間ゲーム売上ランキングと違い、割とゲームニュースの記事と相性が良さそうな気がします。

そのため、こちらは来週以降も続行。

先週同様、来週発売のゲームから、私が気になっている作品を紹介していきます。

 

僕のヒーローアカデミア One’s Justice2


【PS4】僕のヒーローアカデミア One’s Justice2【早期購入特典】ゲーム内で2大特典が入手できるプロダクトコード1 「脳無」+「プレイアブルキャラクター2体(早期解放)」2 スペシャルカスタマイズアイテムセット(爆豪勝己、麗日お茶子、轟焦凍、蛙吹梅雨)(封入)

3月12日発売予定。

対応機種は、Switch・Xbox・PS4。

 

最近は鬼滅に話題を根こそぎ持っていかれた印象ですが、一時期は大人気だったジャンプ作品、「僕のヒーローアカデミア」を題材とした作品。

というか、シリーズものみたいですね、この作品。

あまりキャラゲーをやらないタイプなので、全然知りませんでした。

 

調べてみると、格闘ゲームのようです。

ジャンプ作品ですからね。

自然な形でしょう。

 

ただ、あくまでも前作の評価ですが、あまり受けは良くないようで。

ジャンプ原作のゲームということで、ゲーム性もさることながら、大事なのはキャラゲーとしての出来。

前作では、使用キャラが20人のみと、ちょっと物足りない数だったようです。

 

あと、ストーリーの部分があまり良くないとか。

原作通りにストーリーは作ってあるものの、少々薄め。

オールフォーワンとの戦いまで作ってくれているのは魅力的ですが、若干駆け足気味だったのかな。

 

ここまで書くと、なんで続編出したんだとなりますが、そこには理由があるようです。

それが、格闘ゲームとしての出来の良さ。

キャラゲーとしては破格の出来だったようで、キャラバランス、初心者への配慮等がしっかりなされています。

 

凄いですよね。

キャラ数やストーリーといったキャラゲー要素はことごとく批判されている中、それでも続編を作れる程に格闘ゲームとして評価されているということですから。

先に取り上げたグラブルVSといい、最近はキャラクター物の格ゲーが熱いですね。

売れ行き等が楽しみな作品です。

 

 

仁王2


仁王2 (早期購入特典(「太初の侍の鎧一式」ダウンロードシリアル) 同梱)

3月12日発売予定。

対応機種は、PS4。

 

この作品が来週の目玉でしょう。

前作の仁王も超話題作でしたからね。


仁王 PLAYSTATION HITS – PS4

このパッケージは何度も見ました(笑)

この話題作の続編ということで、注目度も非常に高い作品です。

 

TVCMも中々引き込まれるものになっています。

『仁王2』 TVCM

 

イマイチ話の切れが悪いことから察している方もいるかもしれませんが、私、前作の仁王やってないんですよね。

あれだけ話題作だったのに。

仁王2なあ、やりたいんだけどなあ。

続きものとかだったら1からやらなきゃですし。

 

とはいえ、1も安いんですよね。

2000円を切るくらいの価格。

2と合わせても1万円で買えます。

ありっちゃあり。

 

でもね、結局買ってもやらない気がする。

ポケダンやらなきゃだし、ARK・Fortnite・剣盾とやりたいゲームが多すぎる。

買っても積んじゃいそうなんですよね。

それはちょっとなあと思うし。

 

とはいえ、こういう活動をしている以上、話題作には触れておきたいんですよね。

勿論、私自身もやりたい。

悩みどころです。

 

 

今週のゲームニュース

ちょっと今までとはスタイルを変えて、今週のゲームニュースは一括りにして見出しを付けることとしました。

見づらそうだったら来週からまた調整するので、今週はこの形でお付き合い頂けると幸いです。

 

ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DXが発売!!


ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX -Switch

今週のニュースを語るうえで、こちらは外せないでしょう。

ポケダンDX、ついに発売しました!

 

先程も取り上げましたが、やはり面白いですよ。

ストーリー・グラフィック・ゲームシステムのどれをとっても不満点がありません。

リメイク作品なので驚くような技術とかは確かにないです。

ですが、全ての要素において高水準にまとまっていて、誰にでもおすすめできるのがこのゲーム。

 

春休みにやるゲームを探している方には本当におすすめ。

絶対後悔しないので。

ぜひ一緒にポケダンの世界で冒険しましょう!

 

コーエーテクモゲームズがSteamでセール実施中

あまり話題になっていませんが。

コーエーテクモゲームズが、Steamにてパブリッシャーセールを行っています。

コーエーテクモ SALE

期間は3月9日まで。

 

目玉商品としては、先ほど取り上げた「仁王」のSteam版。

Steam版でも、2000円を切る価格で販売されています。

 

また、話題作の「ライザのアトリエ」もセール対象。

30%オフで、6006円で購入できます。

これは結構お買い得かも。

アトリエシリーズは他にもセール対象がありますからね。

アトリエ好きな方は、ぜひ一度チェックすることをおすすめします。

 

NVIDIAがクラウドゲームサービスを発表

GTXとかRTXなどのグラボで有名なNVIDIAが、クラウドゲームサービスを発表しました。

先日にリリースされてイマイチ伸び悩んでいるGoogleの「Stadia」と同様、ゲームのストリーミングサービスですね。

 

名称は、「GeForce NOW」だそうです。

日本ではソフトバンクと提携し、「GeForce NOW Powered by SoftBank」としてリリース予定。

βテストには、数多くの申し込みがあったとか。

 

 

まあ、正直あまり期待していないというのが本音。

別にNVIDIAだからダメとか、そういったことではなく。

クラウドゲームストリーミングサービス自体にあまり期待していません。

 

クラウドゲームストリーミングサービスの構想自体は良いと思いますよ。

出来たら良いなーって思うのは本当。

ゲーミングPC持ってたとしても、出先でゲームやりたい時ありますし。

スマホでPCゲーがプレイできたら凄く魅力的です。

 

でも、結局は遅延という問題が全ての根底にあります。

どんなにサービスを向上しても、遅延は避けられません。

 

古き良きコマンドバトル系のRPGとかなら良いと思いますよ。

シュミレーションゲームとかも。

そういった激しい操作がないゲームなら耐えられるかもしれません。

 

でもね、アクションゲームとかは無理ですよ。

特にオンライン対戦のあるゲームなんて。

FortniteとかApexとかPUBGとか。

そういったゲームは無理そう。

 

勿論、使い方次第なんですけどね。

前述の様に、激しいアクションゲーム以外に使えば問題ないわけですし。

 

ただねえ、GeForce NOWのインタビューとかを見る感じ、あまりそこは考慮されてないような気がするんですよね。

できないことよりも、できることを見て欲しいみたいな。

その考え方自体は立派ですが。

世界規模でのサービスの展開、特にStadiaの失敗の後となるとどうだろうか。

今後も注目必須の話題です。

 

Fortnite v12.10にアップデート!

小さめの話題ですが。

Fortniteがv12.10にアップデートされました。

 

本当は個別で記事を出すつもりだったんですよ。

ただ、パッチノートがないので検証等が上手くできず。

ずるずると引き延ばされ、気づいたら今日に。

今更書いてもってところもありますし、今回はゲームニュースでの紹介に留めておきます。

 

新武器の地雷が登場したことや、ザ・グラトウがシャドーに占拠されているなど、バラエティ色の強いアプデという印象。

Fortniteらしさというか、お祭り感というか。

そういった要素を感じられて、個人的には好印象です。

 

ただし、一点だけ。

パッドのレガシー操作削除される件については言及しないといけません。

これに関しては後日別で記事を出すつもりなので、読んで頂けると嬉しいです。

 

FF7リメイクの体験版が配信!!

あっぶない。

完全に忘れて総評を書き始めていました。

今週のゲーム業界を語るうえで、これを外すわけにはいかないでしょう。

FF7リメイクの体験版が配信されました!

 

詳しくは先日の記事を見て頂ければと思います。

【FF7リメイク】戦闘システムが微妙??グラフィックは最高に綺麗!!体験版の感想まとめ
来ましたね、体験版。 一昨日の3月2日より、FF7リメイクの体験版が配信されました。 早春の息吹身に染む今日此頃いかがお過ごしでしょうか 急な話ですが #FF7R 体験版配信なうです 少しでも楽しんで頂ければ幸いです@野村 ...

 

簡単に感想をここで述べておくと、想像以上に面白かったですね。

ちゃんとFF7のリメイクとして、あの頃の記憶を呼び起こしてくれる出来にはなっていると思います。

もちろん思う所がないわけではないですが、それでも十分面白いと断言できるクオリティだったことは確かでしょう。

 

 

ちょっと余談になりますが、この体験版が配信された日の盛り上がりは凄かったですよね。

SNSもネットも2chも。

どこもかしこもFF7の話題で持ち切り。

あー、流石国民的RPGだと思いましたね。

FF7といえば、FFを代表するような作品ですし。

 

そんな期待を背負ったFF7なので、どうしても評価が厳しくなってしまう部分はあると思うんですよね。

懐古厨っていうわけではないですが、思い出補正というか。

原作が面白かった分、ちょっとリメイクに物足りなさを感じるというのはあると思います。

私もその気持ちは十分に理解できますから。

 

ただね、至らない点があったとしても、今回のFF7に関しては努力は伝わってくると思うんですよ。

FF15の時はDLCでストーリーを補完すると宣言しておきながら、結局DLCは流れてしまいましたしね。

FF7ではそういったことはないように、出来得る限りの力は尽くして、なんとか次に繋げたいという思いは伝わってきます。

そもそも分作にするなという話は置いといて。

 

だから、厳しい目線になってしまうのも分かりますが、どうか、優しく見守ってあげて欲しいなと思います。

正直、FFはもうギリギリの状態です。

これがコケたら、恐らく次は危なくなるでしょう。

分作の次がないって意味ではなく、FFというシリーズ自体が危ぶまれるという話。

もちろん悪い所は悪いで意見していくことも大事ですが、どうかFF7リメイクの良い部分も探してあげて欲しいななんて思います。

 

 

総評

今週は中々壮観でしたね。

国民的RPGであるポケモンとFF。

その二つに関するニュースがありながらも、他に紹介したニュースも注目必須のものばかり。

先週までの紹介するニュースがなかったときとは打って変わり、紹介するニュースを厳選しなくてはいけなくなりました(笑)

 

さて、今週の最もホットなニュースを発表していきましょう。

いやー、今週は本当に迷う。

ポケダンか、FFか。

どちらもゲーム業界を盛り上げてくれる大きな嬉しいニュースでした。

 

しかし、あえて一つを選ぶとしたら、FF7リメイクの体験版の配信

そちらを、今週の最もホットなニュースとして推薦したいと思います。

 

本当に甲乙つけがたい二つではあったんですが、世間の注目度、世界的な注目度はFF7の方が上だろうと。

そう判断し、この様な結果となりました。

 

先週のFF大投票に引き続きですが、FF7の発売がいよいよ目前に迫ってきたというのを感じますね。

あ、でもその前にどう森もあるか。

凄いですね今春は。

ゲームニュースには事欠かない2ヶ月でしょう。

 

ということで、多くの盛り上がるニュースがあった今週のゲームニュースの記事でしたが、以上をもって終了とさせて頂きます。

毎週のことではありますが、お付き合い頂いてありがとうございます。

また来週のゲームニュースも宜しくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました