【ゲームニュース】Apex Legendsの新シーズンが開幕!!各企業が決算を発表!他【20/02/03~02/09】

ゲームニュース

イマイチパッとしない期間のことを冬の時代なんて呼んだりしますが、今ゲーム業界は絶賛冬の時代を迎えております。

予定されていたゲームの発売も延期してしまい、2月はぽっかり穴が空いてしまったんですよね。

3月には目白押しのタイトルも続々発売されるので、暦と一緒にゲーム業界も春を迎えるといったところでしょうか。

我々ゲーマーとしても今は我慢の時。

この機に、山の様に積みあがった積みゲーを崩していくのも良いかもしれません。

 

さて、そんな冬真っただ中のゲーム業界ですが、一週間もあればニュースは続々と出てくるものです。

ということで、今週もゲームニュースのコーナーやっていこうと思います。

ゲームニュースのコーナーとは、その週にあったゲーム関係の最新情報を、私の独断と偏見でピックアップして紹介していくコーナーとなっております。

果たして、寒さに包まれたゲーム業界を暖めてくれるようなニュースはあったのか??

ぜひ、一緒に今週を振り返っていきましょう!

 

スポンサーリンク

Apex Legendsのシーズン4が開幕!!

今週のFPS界隈で最もホットなニュースと言えばこちらでしょう。

大人気バトロワ系FPS、Apex Legendsのシーズン4が開始されました!!

詳しくは当ブログでも記事を書いているのでそちらを見て頂けたらと思いますが、簡単にここでも紹介を。

【Apex】R99が弱体化!?レヴナントが最強!?シーズン4の解説・感想まとめ
本日2月5日より、待ちに待ったApex Legendsのシーズン4が始まりました!! FPS界の大本命といこともあり、事前の注目度もかなり高かった様子。 シーズン4開始に伴い、Twitchの視聴者数も一時的に激増しました。 ...

 

まず、新レジェンドについてですが、レヴナントというキャラクターが追加されています。

パスファインダーの様にロボットなんですが、中には人が入っているのかな?

ムービーを見る限りではそんな印象を受けます。

ムービーはちょっと重いので、閲覧する時は注意。

 

パッシブは、しゃがみ移動速度の上昇と登れる壁が高くなるストーカー。

アビリティは、敵のアビリティやウルトを封じるサイレンス。

ウルトは、死んでもHP1の状態で復活できるデストーテムとなっています。

結構語弊のありそうな表現してるので、詳しく知りたい方は先の過去記事を見てい頂ければと思います。

 

そんなレヴナントですが、あまり評価は良くないみたいで。

Apexってプレイすると改めて能力の重要さに気づくゲームだと思うんですが、レブナントの場合その能力があまり強くない。

パッシブは結構良さげなんですが、アビリティやウルトが使いづらいんですよね。

レイス・ワトソン・ジブ・パスファみたいな、能力の強さは正直感じられません。

 

とはいえ、全然使えないかと問われるとそんなこともなく。

パーティで上手く彼を活躍させてあげるように動けば、光る場面はあると思います。

そこまでお膳立てするなら、上記の4キャラで良いような気もしますが……

 

 

レジェンド以外の部分でいくと、武器バランスの調整なんかが結構激しかったかなと思います。

猛威を奮っていたG7はしっかり弱体化されましたし、逆にプラウラーやハボックのような使用率の低い武器は強化されています。

R99も弱体化はされているんですが、それでもまだ最強格ではありますね。

 

個人的にお気に入りの武器は、レジェンダリーから格下げとなったLスターですね。

リロードが必要なくなり、かなり長い間フルオートで撃ち続けられるようになりました。

見づらいという明確な欠点はあるものの、中々面白い性能になっているのではないでしょうか。

 

何はともあれ、今最も勢いのあるFPSの新シーズンなので、FPSプレイヤーの方はぜひプレイしてみてはいかがでしょうか。

勿論FPS初心者の方も大歓迎。

F2Pなのでぜひ。

 

 

各企業が第3四半期決算を発表

先日、任天堂の2020年3月期 第3四半期決算を記事にしましたが、他の企業も続々と決算短信を発表してきました。

任天堂の記事はこちら

【任天堂】2020年3月期 第3四半期の決算発表!ポケモン剣盾が1600万本達成!!
昨日の1月30日、任天堂より2020年3月期 第3四半期の決算資料が公開されました。 私はそこまで経営的な事に詳しいわけでは無いですが、ゲームブログをやっている以上これは避けられないだろうと思い見てみました。 公式のリンクはこち...

任天堂の時の様に一つ一つを記事にすると膨大になってしまうので、本記事で気になった企業の決算短信を見ていくこととします。

 

SONY

Sony Japan | 投資家情報

売上高は前年同期と比べ3%増と微量に増えているものの、営業利益に関しては20%の減益をしています。

特にゲーム部門は軒並み下がっているようで、今期のSONYのゲーム部門、PS4に関しては不調だったと言わざるを得ないでしょう。

 

ですが、これはごく自然な事。

PS5が今年のホリデーシーズンに発売されることが公表されている以上、PS4を買い控えるのは当然です。

PS5には互換機能が搭載されることもほぼ確定ですし、今PS4の売上が落ちるのは仕方ない部分もあるでしょう。

 

そもそも、PS4は世界的に見ても超大成功を収めたハードです。

PS2に並ぶほどのシェア率を誇り、ゲーマーならほぼ確実に持っている。

そこまでゲームに興味のないライト層でも持っているくらいなので、もう売る相手がいないんですよね。

そういった意味でも、今回の収益減仕方ないのかなと。

 

 

カプコン

株式会社カプコン | 投資家の皆様へ / 企業情報

モンハンワールド:アイスボーンで話題の、カプコンの決算も取り上げようと思います。

カプコンは純粋な売上高は減少しているものの、営業利益という点では増益、それどころか過去最高益を記録しています。

おそらくDL版での販売が大きくなり、コストが少なくなったんでしょうね。

多少全体の売上高が下がったとしても、それ以上に費用が下がっているので問題なし。

 

カプコンの増益に関してですが、これは予想通りといった所でしょう。

当ブログにおいても何度も述べていますが、単純にアイスボーンが面白過ぎる。

こりゃ売れるわって感じ。

 

ちょっと余談になりますが、いつ頃からこんなにモンハンって流行ったんでしょうか。

私の初めてのモンハンはMHP2Gだったんですが、まだその時はそこまで世間的には知られてなかった気がします。

勿論流行ってはいたと思うんですが、今ほど誰でも知ってる作品では無かった印象。

まあ、当時小学生だったんであんまり記憶も定かでは無いですが(笑)

 

急激にモンハンが流行ったのを感じたのは、MHP3rdが発売された時。

あの時は本当にやばかった。

PSPがモンハン専用機なんて言われ方もしていましたが、モンハンのためにPSPを買ったって人は本当に多かった。

CMとかでもバンバン売り出していましたからね。

 

そう考えると、MHP3rdくらいがモンハンの流行り始めって感じなんですかね。

約10年人気を保ち続けているって考えると結構やばい。

一時期はゴッドイーターとユーザーを取り合っていた時もありましたが、なんだかんだで住み分けできているんじゃないかと。

というか、ゴッドイーターって今もまだあるんでしょうか?

先日シリーズ10周年みたいなニュースを見ましたが、肝心のゲーム本編は全然話に上がりませんよね。

 

話をモンハンからカプコン全体に戻しますが、最近のカプコンの勢いは本当に凄い。

モンハンは勿論、バイオハザードやストリートファイターも好調。

お世辞抜きに、カプコンは世界と渡り合える、日本有数のゲーム会社になった印象です。

任天堂・カプコン・フロム

この3社が日本におけるデベロッパーのTier1だと思いますね。

 

 

その他、スクエニやバンナム、コロプラなんかも決算短信を出しているので、気になった方はぜひ調べてみてください。

任天堂の記事の時も書きましたが、案外ゲーマーなら楽しめる内容になっています。

投資や企業に興味のない方でも、現在のゲーム界隈について知れるいい機会だと思います。

 

 

Ryzen Threadripper 3990Xが発売

AMD Ryzenの新型CPU、Ryzen Threadripper 3990Xが発売されました。

64コア・128スレッドというとんでもない仕様で、CPUのみで50万前後の値段がします。

 

ちょっと考えられないくらいの高性能ですよね。

64コア・128スレッドかぁ……

正直、私の使用用途では全然使い道も思い浮かばないですが、これによって新しいクリエイティブなことが生まれたらいいなと思います。

 

 

という優等生的な意見は置いておき、Ryzenについてちょっと話そうと思います。

intelと比べ、同性能なら安く入手できるのがRyzenの最大の魅力。

単純にコスパが高いんです。

まあ、流石に今回のフラッグシップモデルみたいなのは手が出ない額ですが、基本的にはRyzenはコスパの良いCPUです。

 

それで、このRyzen、ゲームとは相性が悪いなんて言われています。

ゲームにはintelの方が最適化されているので、ゲーマーは多少値段を出してもintelを買った方が良いとか。

 

ただ、個人的にはこれは眉唾物な気がしています。

確かに、一昔前はゲームの最適化が不十分だった時もありました。

ですが、最新のRyzen、少なくとも第2から第3シリーズなら殆ど違いは無いはず。

そもそも、SwitchやPS4に使われているCPUはAMD製なわけですし。

 

正直、ゲーマーにとって大事なのはCPUよりもGPU、つまりグラボです。

CPU多少劣っていようと、グラボが良ければそっちの方がゲームのプレイは快適です。

フレームレートの点で見ても、画質の点で見ても。

ですから、Ryzenでも全然問題ないので、その分のお金をグラボに回した方が幸せになれると思います。

 

って、なんの話をしてるんだっけ。

本当は、Ryzenは安いからゲーミングPCデビューにおすすめ!とか書こうと思ってたのに。

気づいたら全然違うことを書いていました。

今の私のグラボがGTX1060(6G)で若干性能不足を感じているからかもしれません。

 

モンハンとかはやっぱり重いんですよね。

中設定くらいでも144hzは出ませんし。

まあ、モンハンは60hzでも特に問題ないんで良いんですが。

これからもっと重いゲームがバンバン出てくると厳しいなあと思ったり。

着地点が見えないので、この話題はこれにて終了。

 

 

総評

いつも以上に取り上げるニュースが少ないですが、今回ピックアップしたニュースは以上となります。

過去史上最低かもしれない。

 

冒頭に書いた通り、ゲーム業界は現在冬まっしぐら。

ここで取り上げるニュースも全然ありませんでした。

もっとソシャゲとかやってたら違うんだろうなと思うんですが。

中々ソシャゲも良い物に巡り合えないんですよね。

今更パズドラやモンストを始めても追いつけないですし。

 

そんなこんなで、恒例の今週最も熱いニュースで記事を締めにかかりますが、やはり今週はApexのシーズン4開幕でしょう。

というか、それ以外に心躍ったニュースが殆ど無かった。

決算短信は心躍るっていうのとはちょっと違いますし、Ryzenは結局自分では買えないですからね。

 

PCに関しては今の性能で特に不満を感じていることもないので、暫くは弄ることもないかな。

モンハンは若干重いものの、フレームレートの必要なシューターゲームは低設定にして144hz出ていますしね。

本当に今の性能で十分。

あーでも、SSDは増設したいかも。

Amazonのセールで狙っているんですが、中々安くならないんですよね。

 

そんなこんなで、今週のゲームニュースのコーナーも締めたいと思います。

イマイチ良いオチが思いつかなかったので、強引に占めていきます。

取り上げたニュースの数もそうですし、話の広がりとかも含め、あまり良い記事にはならなかった気もしますが。

ギリギリとはいえ日曜日に出せたことだけは評価点としましょう。

読んでくださった皆様、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました