【ゲームニュース】グラブルVSは格ゲー界の希望の星になれるのか?その他【20/02/10~02/16】

日常的にランニングをされている方って、何を目的に運動していますか?

走るのが好きな人、気分転換、体力づくり、大会を見据えた練習。

考えてみると、理由は結構色々ありますよね。

 

そんな中でも、一際運動する理由として多そうなのが、健康のため。

健康のために運動する方って結構多いですよね。

特に、私の様な半ば引きこもりのゲーマーだと、意識しないと殆ど体を動かすことが無いですからね。

ちょっと健康のために運動しようとなるわけです。

Uma
Uma

私は走るの嫌いなのでランニングはしません

 

そんな健康のためのランニングで、逆に体調を悪くしてしまうとしたらどうでしょう。

コロナウィルスで各地が慌てふためく中、なんと東京マラソン2020が例年通り開催されるらしいです。

表示できません - Yahoo!ニュース

バナナが半分から1本丸ごと支給されたところで、それがコロナウィルスの対策になるのでしょうか?

希望者にはマスクを配布ともありますが、マラソンする人がマスクはしないでしょう。

 

このニュースを見て思ったのが、世の中には予想外のことが多いんだなーということ。

私も含めて、大多数の人は東京マラソンは中止になると思っていたわけですよ。

ですが、多くの人の予想を裏切り、東京マラソンは開催された。

何事にも予想外は付き物です。

 

 

予想外と言えば、ゲーム業界でも予想外のニュースがありました。

それも、東京マラソンと違いポジティブな方向に。

今回は、そんな予想外のニュースを含めて、今週のゲームニュース紹介していこうと思います。

Uma
Uma

強引に軌道修正

 

そろそろ恒例になりつつあるゲームニュースのコーナーですが、いつも通り私の独断と偏見でゲーム業界のニュースをピックアップして紹介していきます。

前述の予想外のニュースを含め、春の訪れを感じられるようなニュースを集めております。

皆さんと一緒に、今週のゲームニュースを振り返っていきましょう。

 

スポンサーリンク

グラブルVSが15万セールス突破!!

これは凄いことですよ。

グラブル発のコンシューマーゲーム、グランブルーファンタジー ヴァーサスが15万セールスを突破しました!!

 

もう、廃れてどうしようもないと思われていた格ゲー界に、思いもよらぬ救世主が入りましたね。

グラブルの特典が付いてくるのである程度は売れるだろうなと思っていましたが、それでも15万セールスは完全に予想外。

しかも、このツイートは発売から2日が経過した時点でのツイートです。

つまり、現時点では更にセールスが伸びているということ。

 

ファミ通の週間ゲーム販売本数ランキングにおいても、堂々の1位を獲得しています。

ゲーム販売本数ランキング(PS4、Switch、3DS) - ファミ通.com
PS4、Switch、3DS等の推定ゲーム販売本数ランキング30件です。2020年5月4日~2020年5月10日に集計された店舗データが元になっています。

こちらの集計は恐らくパッケージ版のみなので、DL版も含めればどれ程の数字になるのか。

 

Amazonのレビューが低評価ばかり!?

好調な滑り出しを見せたグラブルVSですが、Amazonのレビューが荒れているようです。

まだ発売当初で評価が定まっていないというのも大いにありますが、それでも現時点で評価が☆2.5。

中々類を見ない程の酷評をされています。

 

酷評されている点は、大きく分けて二つ。

一つは、極端に長いロード。

 

グラブルVSには格闘ゲームが苦手な方でも楽しめるよう、RPGモードが実装されています。

これは、グラブルというコンテンツが好きな人に対して配慮されている点であり、素直に素晴らしいと思います。

 

ですが、このRPGモードのロードが長い。

マップを読み込むときだけでなく、ちょっとしたロードでもかなり時間が掛かるらしく、下手したらメニューを開くのに30秒掛かるとか。

PS4版モンハンワールドのロードが長いと騒がれていましたが、それの比では無いですね。

 

このロードの長さに加え、エラー落ちも多発しているようです。

特にラスボスを倒した後にエラー落ちするというレビューが多く、再現性も高い模様。

未完成作品というレビューがありましたが、RPGモードに関しては正にその通りでしょう。

 

 

もう一つの酷評ポイントは、キャラクター数が少ないこと。

現段階では主人公すら登場しておらず、追加キャラは有料DLCとなるようです。

主人公がDLCですか……

 

ただ、これはマイナス点ばかりでは無いと思っています。

キャラが少ないということは、覚えることが少なくて済むということでもあります。

 

格ゲーは、基本的に2,3体を持ちキャラにしますが、持ちキャラ以外のキャラも最低限使えないと勝てません。

自分で使えないと、相手した時に何をしてくるか分からないので。

ですから、最低限そのキャラの技派生や、強み何かを感覚的に理解する必要があります。

 

これが、キャラ数の多いストや鉄拳でやると大変です。

初心者の方は、まずそこで挫折してしまうでしょう。

グラブルVSにおいては、少なくともその挫折を味わう必要はないので、キャラが少ないのが一概にマイナスという訳ではありません。

流石に主人公すらいないのはどうかと思いますが。

 

 

上記の二点を中心に、Amazonのレビューはかなり低評価が付いています。

ただ、幸いな事に格ゲーとしてのゲームシステムはかなり好評で、グラブルユーザーだけでなく、既存の格ゲーマーからも高い評価を得ています。

そういった点では、今後も期待できる作品でしょう。

 

今のところはグラブルというIPの強さでセールスが伸びてきましたが、ゲームの真価が問われるのは来週以降でしょう。

面白ければ売れるし、つまらなければ売れない。

格ゲーを盛り上げるためにも売れて欲しいなーと思いますが、果たしてどうなるでしょうか。

 

 

FF7Rの最新情報が続々公開!!

先日延期を発表したFF7Rですが、2月14日、最新情報が続々と公開されました。

キャラクターのビジュアルや、ゲームシステム、オープニングのトレーラーなんかが公開されています。

 

公開されたレッドXⅢのビジュアル。

レッドXIII | CHARACTER | FINAL FANTASY VII REMAKE | SQUARE ENIX

うん、かっこいい。

イメージ通りですね。

その他、アバランチの仲間達や宝条も公開されていますが、どれもイメージから大きな相違はありません。

宝条はクライシスコアにも出演していましたが、あのイメージをそのまま老けさせた感じです。

 

題は、特典で入手できる召喚獣。

セブンネットショッピングでは「コチョコボ」が、Play Station Storeの早期購入特典では「カーバンクル」が入手できます。

そのビジュアルがこちら。

SYSTEM | FINAL FANTASY VII REMAKE | SQUARE ENIX

 

当ブログは、個人運営のブログです。

良い物は良いと言いたいし、悪い物は悪いと言っていきたい。

せっかく自分の意見を発信するためにブログを書いているのに、忖度してしまったら何の意味も無くなってしまうと思うのです。

だから、大好きなFF7だけどはっきり言います。

 

キモイ……

 

可愛くないを通り越して、もはや気持ち悪い。

何だろう、決定的にセンスが欠落している気がする。

近年のFFはグラフィックに過剰に拘り、リアルさを売りの一つにしていましたが、何でもかんでもリアルにすれば良いわけじゃない。

しみじみ感じましたね。

 

ちなみに、スクエニのネットストアで購入するとサボテンダーが貰えるんですが、そちらは割とまとも。

こんな感じです。

SYSTEM | FINAL FANTASY VII REMAKE | SQUARE ENIX

結構可愛いですよね。

 

まあ、たかが特典の召喚獣のビジュアルで何をそんなにって感じもしますが、それだけFF7Rが注目されているということでしょう。

何だかんだ私も楽しみですしね。

たぶん、発売前に原作のFF7をもう一回プレイするんだろうなーと思っています。

 

 

ポケモンホームがついに解禁!!

2月12日、待望のポケモンホームがついに解禁されました!

詳しくは当日に記事を書いているので、そちらを参照して頂けるとありがたいです。

【ポケモン剣盾】ポケモンホームがついにサービス開始!!詳細や感想まとめ
無音の部屋の中で、不意になる着信音。 連絡する相手もいないので、この通信音を聞いたのはいつ以来でしょうか。 そう思ってスマホを見てみたら、一通のメールが届いていました。 『Pokemon HOME』サービス開始 ...

 

ポケモンホームのサービス開始に伴い、ガラル図鑑未登録のポケモンや、剣盾では登場していなかった夢特性も追加されています。

ガラル図鑑未登録のポケモンはまだカジュアルバトルでは使えないものの、夢特性は既にランクバトルで使用可能。

そこまで強力な夢特性ポケモンは解禁されていないものの、初見殺し風のトリッキーな夢特性が解禁されています。

自分で使うかどうかはともかく、頭には入れておく必要がありそうです。

 

 

本家PUBGにチームデスマッチが登場!!

本日取り上げる最後のニュースはこちら。

PUBGにチームデスマッチが実装されることが発表されました。

【PUBG】Arcade – TEAM DEATHMATCH

 

PUBGを始めとしたバトロワ系ゲームは、どうしても接敵時間が短いので上達しにくいんですよね。

初心者の方だと、必死に物資を集めても猛者に一瞬でキルされた、なんてことも度々あります。

そういった初心者の方のためにも、チームデスマッチの実装は嬉しいですね。

 

 

少し余談になりますが、最近PUBGに勢いを感じます。

12月のPUBG LITEリリースや、公式のアンバサダーにこじるりやGACKTの起用。

一時期は完全にFortniteとApexに勢いを持っていかれていましたが、だいぶ持ち直した印象です。

 

個人的に、国内のシューターは

  • Fortnite
  • Apex
  • PUBG
  • R6S

の4強だと思っているので、お互いが切磋琢磨して高めあって貰えると嬉しいですね。

 

 

総評

先週のゲームニュースでも述べましたが、2月って本当に大型タイトルの発売が無いんですよね。

どうしても、一つ一つのニュースのインパクトが弱くなりがちです。

グラブルVSは新発売で好調なゲームではありますが、それは冒頭の通り予想外の好調でした。

元々大きな期待を背負ったAAAタイトルってわけでは無いですしね。

 

恒例となりつつある今週の最もホットだったニュースですが、やはりグラブルVSの15万セールス突破を挙げたいと思います。

本記事のタイトルにもある通りですが、本当に格ゲー界の希望の星になるかもしれません。

グラブルというIPありきではありますが、格ゲーで15万というのは奇跡みたいなもの。

格ゲー界をもう一度盛り上げるためには、グラブルVSを総力掛けて推していく、ぐらいの気持ちが必要だと思います。

 

グラブルVSは格ゲー界の希望の星になれるのか??

来週も引き続き、売上や評判をチェックしていきたいと思います。

 

今回の記事は以上となります。

読んでくださった皆様、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました