【ゲームニュース】NHKでFFの人気投票が開催!?ポケモンの最新情報が続々公開!【20/02/24~03/01】

とうとう、2月も終わってしまいましたね。

早いもので、2020年も1/6が終わってしまいました。

この調子でのんびり過ごしていると、すぐ来年になってしまいそうです(笑)

 

さて、あっという間に過ぎ去ってしまった2月ですが、なんとも慌ただしいひと月でした。

皆さんもうお分かりですよね。

そう、コロナウイルスです。

 

先日はディズニーが臨時休園を、それに続きUSJも休園を発表しましたね。

マスクも未だに貴重品ですし。

政府や企業も頑張ってくれてはいますが、マスクが手に入らないのは不安ですよね。

 

貴重品といえば、トイレットペーパーやティッシュも無くなっているらしいじゃないですか。

これ謎ですよね。

調べてみると、トイレットペーパーやティッシュは90%以上が国内生産。

工場や企業側には、全然在庫があるらしいんですよね。

テレビとかを一切見ない私でもその情報が耳に入りましたし、買い占めている人は何をしているんでしょうか

テレビどころかネットも見ないんでしょうか。

それだったら仕方ありませんが。

まあ、その場合は、そもそもどうして買い占めているんだという疑問が出てきますが。

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、暗雲立ち込める今週もゲームニュースを紹介していこうと思います。

いつも通り、私の独断と偏見でゲーム業界のニュースをピックアップして紹介していきます。

また、今週はちょっと嗜好を変えてみようと思っていますが、いつもと変わらずお付き合い頂けると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

週間ゲーム売上ランキング

いきなりですが、新し試みの一つ。

ファミ通.com様の発表しているゲーム販売本数ランキングを見ながら、ゲーム業界の動向を見ていこうというコーナーとなっております。

ゲーム販売本数ランキング(PS4、Switch、3DS) - ファミ通.com
PS4、Switch、3DS等の推定ゲーム販売本数ランキング30件です。2020年6月1日~2020年6月7日に集計された店舗データが元になっています。

正確には今週ではなく2月17日~23日の集計ですが、発表されているのは今週なのでご勘弁を。

 

先週のゲーム販売本数ランキングはこちら

  1. ペルソナ5スクランブル ザ・ファントムストライカーズ(PS4)
  2. ペルソナ5スクランブル ザ・ファントムストライカーズ(Switch)
  3. ポケモン剣盾(Switch)
  4. 侍道外伝(PS4)
  5. リングフィット(Switch)
  6. マイクラ(Switch)
  7. 初音ミク プロジェクトディーヴァ(Switch)
  8. スマブラSP(Switch)
  9. 侍道外伝(Switch)
  10. マリカー8DX(Switch)

より詳しいランキングは、ファミ通.com様にて。

 

さて、中々衝撃的な結果となりましたね。

並み居る強豪を抑え、ペルソナ5SがPS4版・Switch版共にワンツーフィニッシュ。

両機種合わせて16万本以上を売り上げ、好調な滑り出しとなっています。

PS4版はこちら


ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ – PS4

Switch版はこちら


ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ – Switch

 

実は私、これ程有名なIPにもかかわらず、一度も触れたことがないんですよね。

やりたいとは思うものの、長編ゆえ中々手が出せず。

なんとなくナンバリング系の作品は手が出しづらくなってしまうんですよね。

 

その点、本作の様なスピンオフなら、あまり気にせず手が出せて良さそうかなと思っています。

まあ、流石にペルソナ5くらいはプレイしたいと思いますが。

やりたいゲームが多すぎて最近は大変ですね。

 

 

ペルソナ5Sと同じく初登場の侍道外伝も好調。

こちらもPS4・Switch共にランクインしています。

 

正直、ランキングを見るまでチェックしていないタイトルでした。

侍道外伝も、侍道というナンバリング作品のスピンオフで、ここもペルソナ5Sとの共通点。

PVやレビューを見る感じでは、不思議のダンジョン系の作品なのかなと思います。

PS4/Switch/PC『侍道外伝 KATANAKAMI』紹介トレーラー

 

ただ、そうなると気になるのは来週発売のポケダンとの競合ですよね。

侍道外伝はアクション性が高い不思議のダンジョンという独自の魅力があるものの、同じジャンルである以上比較されるのは避けられません。

ポケダンは確実に上位にランクインすると思うので、その時に侍道外伝がどうなるか。

面白そうなゲームなので、来週以降どうなっているかに期待。

 

 

他に気になった点としては、依然としてポケモン剣盾が強いことですかね。

1600万本を売り上げても、未だに売上ランキング上位にいますからね。

 

ただ、発売日に購入した私個人としては、剣盾の熱は少し落ち着いてきた印象です。

この辺りは先日の記事にも書きましたよね。

こういったニュースを見ると、需要がある限りはまだまだ剣盾の記事を買いたいなと思いますが。

シーズン4での方針は少し決めかねています。

 

 

来週発売のゲーム

続くこちらも新しい試み。

来週発売予定のゲームから、私が気になっている作品を紹介していくコーナーです。

 

ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX(3月6日)

先程も取り上げましたが、やはりこちらは外せません。

名作、青の救助隊・赤の救助隊のリメイク作品が遂に登場します。

 

いや~、待ち遠しかった。

初公開が1月10日、発売まで2ヶ月を切っていましたが、楽しみな作品は待ち時間が長く感じてしまいますね。

凄い待ってた気がする(笑)

 

公式からのゲーム紹介映像はこちら

【公式】『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』ゲーム紹介映像

 

発表初期から言ってますが、やっぱりグラフィックが逸脱ですよね。

FFやメタルギアの様な美麗グラフィックという感じではないですが、凄く温かみがあるというか。

可愛らしい感じでポケダンの世界観に合っています。

 

棋士・藤井聡太の将棋トレーニング(3月5日)

ポケダンと並び、もう一つの注目している作品がこちら。

プロ棋士の藤井七段に将棋を教えてもらうゲーム。

PVはこちら

【棋士・藤井聡太の将棋トレーニング】公式PV

 

PVを見る限り、将棋をこれから始めたい方におすすめなのかなと思います。

爆売れするってことは想像しづらいですが、作品の出来次第ではそこそこの売上は出そう。

将棋に興味がなくても気になりますしね。

 

欠点を挙げるとしたら、Switchで出す必要性をあまり感じないこと。

ゲーム内容的には、Switchよりもスマホの方が適していたように思えます。

スマホにも将棋のアプリはありますが、特に操作性に困ることはないですしね。

より手軽に使えるスマホで出してくれた方が、将棋の人口を広げるためにも良かった気がします。

 

 

NHKでFFの人気投票が実施!!

さて、やっといつものゲームニュースに戻ってきました。

まず最初に紹介するニュースはこちら。

NHKでFFの作品・キャラクター・音楽などの人気投票を行う、FF大投票が行われました。

詳細はこちらの公式サイトから

全ファイナルファンタジー大投票|NHK
ファイナルファンタジーの全てを網羅したデータベースから、人気作品を視聴者が選ぶ史上初の「全ファイナルファンタジー大投票」。

 

キャラクターに関しては、やっぱり7と10がダントツですね。

クラウド・ユウナの二人は、いつ見ても人気投票最上位にいる気がします。

エアリス・ティファ・セフィロス・ティーダも上位にいますし。

私の個人的なランキングを付けるとしても、やはりクラウドが1位になるでしょうね。

2位はザックスかな?

アンジールも捨てがたい。

ティーダやジタンも好きなので、熾烈な2位争いが繰り広げられますね(笑)

 

音楽に関しては、投票の通り「ザナルカンドにて」はずば抜けているでしょう。

個人的にはクライシスコアの「Why」も好きですが、ザナルカンドにてには適いません。

あれは本当に名曲だった。

 

個人的に意外だったのは、作品の人気投票ですね。

10と7が人気なのは予想通りですが、6はちょっと意外だったかも。

勿論6も良い作品なんですが、3位には14が来ると思っていました。

周りにもプレイしてる人が多いですし。

8も予想より順位が低かった印象です。

 

 

折角の機会なので、少し最近のFFについて語ります。

今回の人気投票で確信しましたが、FFの年齢層が高くなっています。

中学生や高校生がメイン層ではなく、30代から40代がメインとなっている印象。

7や10の直撃世代はその辺りですからね。

 

別に年齢層が高いことが悪いわけではありません。

ユーザーの年齢層が高ければ、その分コンテンツにお金も入りやすいですし。

年齢の高いユーザーをターゲットにすることは全然悪いことじゃない。

 

ですが、最近のFFはターゲットの年齢層を高くしているというよりも、単純に中高生に見向きされていないだけの様な気がします。

はっきり言ってしまいますが、FF13と15がコケたからですね。

あの二作でファンが離れ、ネタにされるようになったんですよ。

14は結構好評ですが、MMOなのでちょっと勝手が違いますしね。

 

勿論、今最も力を入れるべきはFF7Rです。

それは間違いない。

冗談抜きにあれがコケたらFFは終わります。

 

ですが、それと同時にFF16にも力を入れないと未来がない。

幸いなことに、FF16は既に開発に取り掛かっているようですが。

ちょっと本気で頑張って欲しいなと思いますね。

国民的RPGといえば、ドラクエ・FF・ポケモン。

この三すくみを崩さないよう頑張って欲しい。

 

 

ポケモン関連の最新情報が続々公開!!

今週は、ポケモン関係の最新情報が続々と入る週でした。

本当は一つ一つを記事にしたかったのですが、時間の関係上ここでまとめて紹介させて頂きます。

 

まずは、新たな伝説のポケモン「ザルード」

【公式】『ポケットモンスター ソード・シールド』NEWS #09 幻のポケモン・ザルード篇

DLCで追加されるポケモンかと思っていましたが、どうやら映画に関わるポケモンのようです。

今年の夏公開の「劇場版ポケットモンスター ココ」ですね。

【公式】「劇場版ポケットモンスター ココ」予告1

ココという、ポケモンに育てられた人間の少年が主役の物語。

予告編を見る限り、かなり面白そう。

ちょっと鳥肌が立ちました(笑)

ここ数年は碌にポケモンの映画を見ていませんでしたが、久しぶりに見に行こうかと思います。

 

 

お次は、ミュウツーのレイドバトル。

【公式】『ポケットモンスター ソード・シールド』NEWS #08 ミュウツーをたおせ篇

倒してもゲットできるわけではありませんが、火炎玉を始めとした貴重なアイテムがドロップすることもあるそうです。

ただ、火炎玉はトーナメントの優勝でも手に入れることができるので、無理してここで周回する必要はないかも。

あくまでも記念レイドという形で遊んでいいと思います。

 

開催期間は3月2日の朝8:59まで。

この記事を書いている時点でもギリギリなので、興味のある方は大至急。

 

 

最後は、ポケモンマスターズ半年記念。

【公式】『ポケモンマスターズ』新たな出逢い、続く物語

 

明記されているわけではないですが、新しい展開を予想させるものとなっています。

 

ぶっちゃけてしまいますが、よく半年持ったなと

ポケモンのIPを使ったにしては考えられない程の失敗作でしたが。

リリース当初はいずれ面白くなることを期待してプレイしていましたが、単調過ぎるのと周回の強要が多くて程なく辞めてしまいました。

今ならだいぶ改善されてるのかな。

 

 

総評

紹介するニュースがあまりにも少ないですが、今週はどうかご勘弁ください。

実は月曜日から金曜日まで海外にいて、前々情報が入ってきませんでした。

記事を書く前に色々調べはしたんですが、紹介するにふさわしいニュースを見つけることができませんでした。

言い訳がましくなるのでこの辺で。

 

さて、今週も恒例の最もホットなニュースを発表して言おうと思います。

とはいっても、今週は二つしかニュースがないんですが(笑)

 

今週の最もホットなニュースは、NHKのFF大投票に贈りたいと思います!

Twitterやネットでもかなり話題になっていましたし、注目度も高かったニュース。

FFファンの自分としても、興味深い内容となっていました。

また、同時にFF7Rへの期待が高まるニュースでもありましたね。

改めてユーザーの期待の大きさ、FF7という作品のポテンシャルを感じました。

 

というところで、後書きも早々ですが今週のゲームニュースは以上となります。

お付き合い頂きありがとうございました。

また来週のゲームニュースも宜しくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました