【週間ゲーム売上ランキング】ポケダンDXは売上好調??ランキングはSwitchの独壇場!!他

先日のゲームニュースの記事で書いた通り、情報の鮮度を高めるため、週間ゲーム売上ランキングを別の記事として設けることとしました。

とはいえ、記事を書いている本日も土曜日で、ゲームニュースの記事は日曜日なのでそんなに大きな差はないんですが。

個別の記事として、週間ゲーム売上ランキングを見ていきたいと思います。

 

 

週間ゲーム売上ランキング【20/03/02~03/08】

順位 ハード タイトル 販売本数 累計
1 Switch ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX 138,548 138,548
2 Switch ポケットモンスター ソード・シールド 20,679 3,491,353
3 Switch Minecraft 12,933 1,298,028
4 Switch マリオカート8 デラックス 12,751 2,805,986
5 Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL 11,319 3,592,374
6 Switch リングフィット アドベンチャー 10,067 715,030
7 PS4 ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ 8,109 143,608
8 Switch スーパー マリオパーティ 7,774 1,362,328
9 Switch スプラトゥーン2 7,293 3,335,123
10 Switch 脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング 6,394 171,725

3月2日から3月8日までの集計期間で、1位から10位をランキングにしております。

恒例の通り、ファミ通様のゲーム販売本数ランキングを参考にしています。

ゲーム販売本数ランキング(PS4、Switch、3DS) - ファミ通.com
PS4、Switch、3DS等の推定ゲーム販売本数ランキング30件です。2020年5月4日~2020年5月10日に集計された店舗データが元になっています。

 

 

やはり強かったポケダンDX。

初登場の「ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX」が見事一位に輝き、13万本を売り上げました。

2位のポケモン剣盾にも圧倒的大差をつけ、先週唯一の10万本越えでフィニッシュ。


ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX -Switch

 

とはいえ、実際にプレイした感覚としては、もっと売れるべき作品というのが本音。

当ブログでも絶賛する出来の良さですし、まだまだ売れて欲しいと思いますね。

ただ、集計期間が8日までだったので、実質ポケダンDXは3日間しか期間がありませんでした。

次週も確実にランクインするでしょうし、その点も踏まえると妥当な数字かもしれません。

 

 

ポケダンDXに続き2位に輝いたのは、前回1位だったポケモン剣盾。

同IPのゲームで首位独占ということで、ポケモンの強さを実感する週となりました。


ポケットモンスター ソード -Switch


ポケットモンスター シールド -Switch

 

しかし、驚きですよね。

11月発売のソフトで、未だに2万本以上がコンスタントに売れ続けるのは脅威です。

このペースで売れつづければ、本当に赤・緑を超す販売本数になるかもしれません。

剣盾には大型DLCも控えていますし、最終的な売り上げは注目ですね。

【ポケモン剣盾】DLCでリストラ組が復活!?最新情報まとめ【ポケモンダイレクト】
1月9日のポケモンダイレクトより、ポケモン不思議のダンジョンの新作と、ポケモン剣盾のDLCが発表されました!!! いやー、最新情報盛りだくさんのポケモンダイレクトでしたね。 予想の何倍もの情報量で、1日経った今でも頭が追...

 

そういえば、ポケモンの映画の情報が公開されましたね。

前売り券には、映画の主役「ザルード」と、色違いの「セレビィ」が付くようです。

PVが中々引きつけられる内容だったので、結構楽しみにしているんですよね。

今回はシェイミ以来に映画館まで足を運ぼうかと思っています。

【公式】「劇場版ポケットモンスター ココ」予告1

 

 

さて、話を週間ゲーム売上ランキングに戻しましょう。

ポケモン以外で注目すべき点といえば、やはりペルソナ5Sでしょう。

前々回1位を獲得したペルソナ5Sが粘りをみせ、Switch以外のソフトで唯一のトップ10ランクイン。

Switch版も15位にランクインしており、滑り出しからの好調をキープしています。


ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ – PS4

 

 

その他の顔触れは、いつもの面子、といった感じ。

相変わらず、マイクラ・マリカー・スマブラが強いですね。

 

特にマイクラ。

Switch版だけでなく、PC版やPS4版、更にはスマホ版まで売れていますからね。

売上はとんでもないことになりますね。

 

マイクラの強みとしては、とにかく年齢層が幅広いんですよ。

ゲーマーなら、年齢問わずとりあえずやってるみたいな。

今世界で流行っているゲームを上から挙げていくとしたら、まず間違いなく5本の指には入ると思う。

 

 

最後に、少し違う視点からの話を。

ペルソナ5Sのところでも触れましたが、Switchばかりなんですよね。

日本において、Switchというハードがいかにシェア率が高いのかが分かる。

 

Xboxはともかく、PS4は中々のシェア率を誇っていると思うんですけどね。

PS2に並ぶほどの大ヒットハードですし。

持ってる方は多いはず。

 

ただ、やっぱりキラータイトルが少ないんですよね。

年末にはPS5が発売されることもあって、どうしても今の時期はPS4のソフトも勢いに欠けているようです。

来月にはFF7リメイクが発売されますが、果たしてどうなることやら。

1位を取ることはほぼ間違いないでしょうが、どのくらい売れるかはちょっと未知数ですね。

 

あと、PS4ソフトの弱点として、継続的に売れないんですよね。

例えキラータイトルが少なくとも、継続的に売れるソフトがあれば賑わって見えます。

ですが、PS4のソフトはそれが少ない。

発売直後は凄く売れるんですが、イマイチ伸びが悪いというか。

そういった印象があります。

 

その点では、ペルソナ5Sは凄いなあと素直に感心しています。

PS4のソフトで、これだけ連続してランクインできる物は中々ないです。

そういった意味でも、ペルソナ5Sは注目の一品ですね。

 

良いオチが思いつかなかったので、PS5も期待しています!ということでフィニッシュ。

来週はもう少し早い段階で記事を出せるよう努力します。

タイトルとURLをコピーしました