【ポケモン剣盾】スーパーボール級から抜け出すための方法

皆さん、ポケモン対戦楽しんでいますか?

ポケモン剣盾は旧作と比べても対戦が非常に盛り上がっており、対戦人口も急激に増えていると言われています。

ですので、私の様に剣盾から対戦に興味を持って始めた、いわゆる初心者の方も多いかと思います。

 

そんな初心者にとって最初の壁。

それがスーパーボール級を抜け出すことです。

 

スーパーボール級では負ければレートが下がるので、ある程度連勝しないとハイパーボール級には上がれません。

負け続けてもスーパーボール級という大きな括りから落ちることはありませんが、スーパーボール級の中でランクは上下します。

そして、スーパーボール級には7~9の三段階のランクがあり、ある程度の連勝が求められています。

一方のハイパーボール級はランクが一つしかないので上がるのは簡単です。

そのため、マスターボール級までの道のりで一番の難所がスーパーボール級と言っても過言ではありません。

 

さて、そんな魑魅魍魎のスーパーボール級を抜け出すために必要な事。

それは、

6割勝てるパーティを作ること

この一点に尽きます。

6割の勝率を維持できた場合、試行回数を重ねればランクは自ずと上がります。

そのため、6割というのは非常に重要な指標。

今回の記事は、この6割勝てるパーティの作り方を解説していきます。

 

スポンサーリンク

メタを意識しない

ポケモン対戦に意欲があって、頑張り屋の方が陥ってしまいがちな事。

それが過剰にメタを意識することです。

正確には、動画や構築記事などで勉強して、それをそのまま採用してしまうこと。

これは辞めましょう。

 

理由としては、まずマスターボール級とスーパーボール級ではメタが大きく異なるから。

動画や構築記事の殆どはマスターボール級の環境を対象としているため、そのまま真似しても上手く機能しません。

刺さりもしないメタばかりを搭載したパーティができてしまい、パーティ全体ののパワーが大きく劣った状態で戦うことになります。

 

スーパーボール級で重要なのは、勝てる試合を落とさないことです。

勝てる試合とは、育成や調整をせず、旅パやレンタルパで運良くスーパーボール級に到達した相手との試合を指します。

こういった試合を落とさないことが重要です。

 

そのために必要なのが、ある程度のパーティのパワー。

雑な言い方をすれば、種族値の暴力です。

スペックの高いポケモンをパーティに詰め込み、汎用性を高めたパーティを作ることがスーパーボール級を抜け出すための近道です。

 

勝ち筋を意識する

これはスーパーボール級に限った話ではありませんが、明確な勝ち筋を意識してパーティを組むことが必要です。

下記の記事で紹介したパーティの場合、剣舞ミミッキュで詰める、ダイジェットトゲキッスで詰めるなど、明確に勝ち筋が作られています。

【ポケモン剣盾】マスタボール級到達!!初心者がマスターボール級まで行けたパーティを紹介!!
ついに…… マスターボール急に行けました!!! いやー、長かった…… シーズン1も残り10日程と今更ですが(笑) マスターボール級到達は、私にとっての最初の目標だったので、無事達成できて嬉しいです。 ...

この様に、パーティ内に勝ち筋を作ってあげることが重要です。

 

最も分かり易い勝ち筋の例は、エースポケモンで詰めていく形。

特にミミッキュは、ばけのかわで強引に剣舞を積みやすく、初心者でも手軽にエース運用できるのでおすすめ。

ミミッキュ以外だと、ダイジェットで強力な抜きエースを作る動きもシンプルにして有用です。

 

エース以外の勝ち筋としては、受けポケモンで詰ませるという勝ち筋もあります。

高耐久のポケモンで受け回しをしながら、毒などの定数ダメージで詰めていくやり方。

ただ、受け回しは勝率が安定する代わりに一試合の時間が長くなる傾向にあり、試行回数を重ねてスーパーボール級を抜けるという本来の目的にそぐわないので非推奨とさせて頂きます。

 

対面構築を意識する

ある程度ランクが上がるとサイクルを意識したパーティが必要になりますが、初心者の方にはまず対面構築を意識したパーティがお勧めです。

 

私が初心者に対面構築を推す理由として、有利不利を理解しやすいということが挙げられます。

ポケモンの有利不利は、単純なタイプ相性や種族値では決まらず、型まで含めて考える必要があります。

そして、有利不利を理解するというのはポケモン対戦において非常に重要で、今後どんなパーティを使う上でも必要な知識になります。

ですので、初心者の内は有利不利を理解しやすい対面構築を使うことを推奨しています。

 

読みや択をしない

最後はこちら。

これはパーティ構築とは少し違いますが、重要な事なので書いておきます。

 

読みや択をしない。

読みや択は対戦動画などで凄く映える部分ですが、できるだけ避けて対戦を進めるよう意識しましょう。

 

読みや択は決まればリターンが大きいですが、相手依存の部分もあるのでどうしても安定しません。

試合単位で見ていけば、読みが決まったり択勝ちで制する試合もありますが、試行回数を重ねると勝率が安定しません。

試合の展開次第では読みや択が必要になる部分もありますが。

できるだけ安定行動で勝てるような試合運びを意識しましょう。

 

あとがき

今回の記事では、スーパーボール級を抜け出すための6割勝てるパーティについて解説しました。

最低限これだけは意識しておけば、スーパーボール級は抜けられると思います。

 

ここ最近記事があまりにも長くなり過ぎていたので、今回の記事は少し短めに書くように意識してみました。

文字数が少ないと伝えたいこと全てを書くことはできないので、記事の中で伝えることを取捨選択しないといけませんね。

私は昔からどうしても取捨選択が苦手で書きすぎてしまうのですが、ブログにおいて長文は見づらいと思うので今後も意識していこうと思います。

 

後書きも早々ですが、今回の記事はこの辺で。

読んでくださった皆様、ありがとうございました。

ポケモン剣盾
スポンサーリンク
シェアする
かUmaをフォローする
電子の海で遭難中
タイトルとURLをコピーしました