【MHWI】歴代の看板モンスターを連続狩猟!!イヴェルカーナ撃退まで【プレイ日記part3】

中々更新ができていないアイスボーンプレイ日記ですが、久しぶりに更新していこうと思います。

本日は第三回ということで、歴代の看板モンスターとの死闘からイヴェルカーナ撃退までをお送りします。

今回も前回までと同様にのんびりやろうと思ったんですが、流石に進歩が無さすぎると思い少しだけ頑張りました。

前回はプレイログを書いただけの少し退屈な記事になってしまったので、今回は印象に残った部分をダイジェスト的にまとめながら、上手く自分の意見をアウトプットしていこうと思います。

 

スポンサーリンク

歴代の看板モンスターを連続狩猟!!

前回のベリオロス狩猟後、歴代モンハンシリーズの看板モンスターたちを次々と連続狩猟していきました。

2ndGのナルガクルガ

Xのディノバルド

2ndのティガレックス

3Gのブラキディオス

 

クロスはプレイしていなかったのでディノバルドは初見でしたが、それ以外は懐かしい面々でした。

今のところアイスボーンは過去作のモンスターの登場が多く、シリーズファンとしては大満足です。

やっぱりアイスボーン買って良かったなあって思います。

 

ただ、これらの再登場モンスターも微妙にモーションが変わってるんですよね。

そのせいで何度か危ない場面もありました。

もしかしたら私のやっていないシリーズで手直しされたのかもしれませんが、ちゃんと今のグラフィックで不自然の無い動きになっているのは流石の一言。

アイスボーンに関しては本当に良い所ばかりが浮かんできますね。

 

さて、少しだけ狩りの話をしようと思いますが、この中ではティガが一番きつかったですね。

詳しくは後述しますが、一応ティガの前に装備を一新しています。

防御力にすると200くらい上がっているんですよね。

ただ、それでも攻撃を喰らうとかなりHPを削られました。

隙も多いモンスターではあるんですが、やはりパワーこそ正義だなと実感しましたね(笑)

 

イヴェルカーナ撃退!!

看板モンスター達を狩猟した後は、イヴェルカーナとの戦いに入りました。

ただし、今回はあくまでも渡りの凍て地に撃退することが任務のため、狩猟する必要はありません。

 

この撃退というクエストには、モンハンの世界観が表れているような気がします。

ラノベなどを読めばよく分かりますが、モンハンの世界って人と自然との共存っていうのを凄く大事にしているんですよね。

モンスターを必要以上に狩ることは固く禁止されていますし、自然に還すために剥ぎ取りは最小限しかしないとか。

そういったモンハンの世界観が凄く好きなんですが、今回はそれが凄く尊重されているなと思いました。

イヴェルカーナも討伐ではなく撃退という形で対策を取る。

勿論古龍なんてそう簡単に討伐できる対象ではないんですが、そういった自然の尊重という部分もあったのかななんて。

 

脱線してしまったので本題へ戻します。

クエストに出発すると、受付嬢の過去編からスタートします。

一期団だった祖父から貰った石の話をしてくれます。

40年前に託された思いを今……

 

ちなみにこの受付嬢はMODを使っています。

先日の記事で書いた通りCPU使用率の異常が改善されたので、MODを導入してみました。

個人の好みもあるとは思いますが、かなーり美化されていますね(笑)

こちらのMODはCuter Handler Face ModelというMODで、有志の方がNEXUSMODSにて公開てくれています。

気になる方はぜひ。

当ブログでも、色々なMODを使った感想や、おすすめのMODを紹介しようと思っています。

 

さて、いよいよイヴェルカーナとの戦闘に入ります。

見た目はクシャとかそっち系かな?

割と細身でかっこいい感じです。

見た目の評価点はかなり高め。

 

ただ、今回のクエストではその強さを見ることはできませんでした。

というのも、今回のクエストは途中まで戦ったら撃退という形だったので、イヴェルカーナが本気を出す前に終わってしまったんです。

エリアギミックとクラッチをしてるだけで終わってしまいました。

近い内に再戦の機会はあると思うのでその時を心待ちにしています。

 

装備を一新しました!!

先程も軽く触れましたが、実は装備を一新しました。

ナルガとでぃのを倒したあたりですね。

もう防御力的にきつかったのと、それなりに優秀な防具が増えていたので装備を揃えました。

進行が遅かったのもそのためです(言い訳)。

 

出来上がった装備はこちら。

スキルも正直そこまで強いわけではないんですが、防御力が200くらい上がって明らかに安定しました。

ティガはまあ別として、ブラキディオスはこれのおかげでだいぶダメージが抑えられましたね。

 

少し脱線しますが、ディノの脚強くないですか?

匠がLv2で4スロ持ち。

デスギアを彷彿とさせるような優秀な脚装備だと思います。

 

防具の新調と同時に、武器も変更しました。

武器に関しては強化ではなく、武器種ごと変更です。

 

元々はチャアクをメインで使っていたんですが、動きが早いモンスターが多くなり合わないなーと思い変更。

まずは昔から好きだった片手剣を使いました。

ただ、傷つけ2回組なのがどうしても面倒で(PC版はクラッチアッパーに傷つけ効果がありません)、片手剣への移行は断念。

少し攻略等を調べて、ハンマーが壊れではないレベルに強いと聞き、久しぶりにハンマーを担ぎました。

 

これがめちゃくちゃ快適。

新要素のクラッチ系統と相性が良く、ハンマーに変えてから明らかにクラッチの回数が多くなりました。

おかげで討伐時間も大幅に減り、効率もだいぶ上がりましたね。

ゲーム性が崩壊するほどの壊れ武器ではないですが、チャアクや片手と比べて明らかに強いです。

 

強武器へ武器渡りすることを批判される方も多いと思いますが、私はゲームにおいて強いと言われているものは積極的に使っていくべきだと思います。

だって、強いということはそのゲームの仕様に合っているということです。

それを使うということは、即ちゲームの仕様の理解が早くなるということにも繋がります。

アイスボーンにおいてはクラッチですね。

ハンマーを使ったことでクラッチへの理解が深まりました。

ですから、武器渡りへの批判は気にせずどんどん強い武器を使っていいと思いますよ。

勿論一つの武器を一途に使い続けるのもかっこいいですが、相性悪いなーと感じたら変えてみるのも手です。

ゲームなのでストレスなく楽しめることの方が大事。

 

ちなみに、私はディアブロスのハンマーを使っています。

無印の頃の考えが抜けず、何となくディアブロス=最強!と思ってしまうんですよね(笑)

ディノ亜種の素材を加えた方向に進化するとアルタミラというハンマーになるらしく、どうやらそれが強いみたいです。

とりあえずはそこを目指して頑張る感じかな。

まだまだディノバルド亜種にも出会えていませんが、引き続き楽しんでいきたいと思います。

 

今回の記事は以上となります。

読んでくださった皆様、ありがとうございました。

MHWI
スポンサーリンク
良かったらシェアして頂けると嬉しいです
Umaをフォローする
一生ゲームで生きていく!
タイトルとURLをコピーしました