【Fortnite】キーバインドの決め方【初心者講座】

本記事より、Fortniteの初心者講座を書いていこうと思います。

まだまだ私も初めたばかりですが、この短い期間で感じた上達の秘訣などを書いていくので、皆様で一緒に上手くなっていきましょう!

 

初回となる今回は、全ての基本となるキーバインドについてお話しようと思います。

建築において、キーバインドはすっごく重要だよ!

Fortniteは他のシューターゲームと比べ操作が多いので、キーバインドは非常に重要です。

キーバインドが良くないと建築において非常に不利です。

自分に合ったキーバインドを設定して、一気に上達しちゃいましょう!

 

スポンサーリンク

私のキーバインド

キーバインドについて語る前に、まずは私のキーバインドを紹介しようと思います。

私は、大人気ゲーム実況者のNinjaを見てFortniteを始めたので、彼の影響を強く受けたキーバインドになっています。

参考になるかは分かりませんが、一応紹介を。

 

マウス

  • 左クリック   ……射撃
  • 右クリック   ……ADS
  • サイドボタン手前……壁
  • サイドボタン奥 ……階段

 

キーボード

  • W A S D   ……移動
  • Shift   ……ダッシュ
  • Ctrl     ……しゃがみ
  • Space   ……ジャンプ
  • 1      ……つるはし
  • 2 3 4 Z X ……武器スロット1 2 3 4 5 
  • G                ……トラップ
  • E                ……インタラクト
  • Q                ……床
  • C                ……屋根
  • F                ……編集
  • H                ……修理
  • M                ……マップ
  • Tab             ……インベントリ
  • Enter          ……オートダッシュ

 

見づらいかなとは思いますが、こんなキーバインドでプレイしています。

後は、特殊な操作としてマウスホイール下に、ホイールリセットを割り振っています。

 

*追記(2019/12/27)

現在はFキーとEキーの操作を反対にしています。

F……インタラクト E……編集

他のゲームでFがインタラクトのゲームが多く、編集速度もEキーの方が早かったため変更しました。

 

キーバインドの決め方

お待たせしました。

ここからが本題となります。

 

キーバインドを決める上で大事なことは、良くないキーバインドはあるが、絶対的に正しいキーバインドはない、ということです。

プロの方々のキーバインドを参照しても、本当に多種多様ですよね。

世界トップレベルの選手でもキーバインドは統一されておらず、少なくとも現在は、絶対的に正しいキーバインドというのは存在しません。

 

これは、eスポーツというジャンルの歴史の浅さの表れかもしれません。

通常のスポーツは、過去から現在まで積み上げてきた歴史があります。

その積み上げてきた歴史は研究の歴史でもあり、理想のフォーム、理想の動きというのがある程度明らかになっています。

一方eスポーツはまだ始まったばかりのジャンルであり、歴史も浅いため研究も進んでいません。

そういったことから、少なくとも現在は、絶対的に正しいキーバインドが存在しない、というより分かっていません。

 

さて、絶対的に正しいキーバインドはありませんが、プロが一様に避けるような良くないキーバインドも存在します。

こういっては身も蓋もないですが、キーバインドというのは基本的には自由に、その人にとってやりやすいように決めるのがベストです。

ですが、明らかにパフォーマンスが低下するキーバインドや、効率の悪いキーバインドもあります。

論理的に根拠を持って、批判されるキーバインドがあるんですね。

そこでここからは、そういった良くないキーバインドを紹介していきます。

そういった良くないキーバインドを避けつつ、自分に合ったキーバインドを調整していきましょう!

 

WASD(移動キー)から遠いキーに操作を割り振る

結構初歩的な事ですが、移動キーから遠い所に操作を割り振るのは良くないです。

もし現在このタイプのキーバインドをしている方は、一度キーバインドの見直しをお勧めします。

 

一応、どのあたりのキーが押しやすいかをまとめてみました。 

青色が押しやすいキー、緑が人によるが押しやすいキーとなっています。

建築、武器スロット、編集、各種アクションなどの重要な操作は、この範囲で割り振るようにしましょう。

 

ただし、Xキーに関してはあまり押しやすくはありません。

やってみればわかると思いますが、Xキーを押すときはどうしても中指がWキーから離れてしまいます。

Fortniteの場合、マウスで視点を動かしてWキーでその方向に走るため、Wキーから指を離してしまうと移動ができなくなってしまいます。

そのため、どうしても中指がWキーから離れてしまうXキーは押しづらいキーに判定されます。

私はXキーに武器スロット5(右端)を割り振っていますが、基本的にここは回復や釣り竿などの緊急性が低いアイテムを置くようにしています。

 

多ボタンのマウスを使う

余りにも多ボタンのマウスを使うのも、良くないキーバインドの特徴です。

勘違いさせてしまいそうですが、通常のサイドボタン二つ、又は四つのマウスは全然OKです。

寧ろ使うべき。

 

ここで私が問題としているのは、MMO向けのゲーミングマウスの様な、サイドボタンが10個もあるような超多ボタンのマウスです。

このタイプのマウスはMMOでは非常に有用で便利な商品ですが、Fortniteではいささか過剰です。

確かにFortniteは操作が多いですが、流石にここまでのサイドボタンは必要ありません。

同じロジクールのマウスなら、G502や、G Proなどがおすすめです。

 

同じ指に複数の建築を割り当てる

以外とやってしまいがちなのがこちら。

同じ指に複数の建築を割り当てるのは辞めましょう。

 

Fortniteでは、壁、階段、床、屋根を切り替えながら、高速で建築するという場面が多々あります。

この高速建築時に、同じ指に複数の建築が割り当てられていると、操作が忙しくなる上に、どうしても指の移動時間分のロスができてしまいます。

それによって縦積み等の高速建築が難しくなってしまうので、同じ指に複数の建築を割り当てるのは良くありません。

 

ただし、マウスの親指サイドボタンは複数の建築を割り当てるのはありかと思います。

親指サイドボタンの場合、指動かすことなくどちらのボタンも押せるので。

私も親指のサイドボタンに、壁と階段という二つの建築を割り振っています。

 

 

とりあえずはこんなものですかね。

ここまでに紹介してきたキーバインドは避けて、キーバインドを設定するようにしましょう。

 

 

キーバインドにおける補足

さて、基本的なキーバインドはここまで紹介してきた良くないキーバインドを割けるようにして設定して頂ければよいですが、ここからは少し補足的な事を書いていきます。

必須というわけではないですが、知識としてあると役立つと思います。

 

ホイールリセット

少しややこしい設定ではありますが、確実に有利になれる設定がホイールリセットです。

ホイールに既に操作を割り当てていて外せないという方もいるとは思いますが、まだ空いている方はぜひホイールリセットを設定しましょう。

 

そもそも、ホイールリセットとは何なのかという説明から。

ホイールリセットとは、編集された建築を、ホイールを回すだけで戻す技です。

一々編集モードに入ってリセットをしなくていいので非常に便利。

編集でのバトルで明らかにスピードが上がります。

 

やり方としては、編集と編集のリセットのどちらも同じキーを設定するというもの。

赤く囲っているところがポイントです。

私の場合は、編集と編集のリセットどちらにもマウスホイール下を設定することで、マウスホイールを下に回すだけで編集された建築物を元に戻すことができます。

勿論これはマウスホイールの上でもできますし、他のキーでもできます。

ただ、ホイールリセットという名前からわかる通り、やはりマウスホイールに設定するのがポピュラーですね。

デフォルトの設定でマウスホイールは空いている上に、素早く操作できるので。

 

ここで注意点としては、ホイールリセットにあてたキーでは普通の編集をすることはできません。

ですので、編集には別のキーを割り当てる必要があります。

私の場合はFキーがそうですが、皆様もホイールリセットを設定する際はご注意ください。

 

環境の変化によって、キーバインドも変わる

こちらが最後になりますが、大変重要なことです。

キーバインドは環境の変化によって、変えていくものだということ。

より洗練されていく、といった方が正しいかもしれません。

 

私の場合、最初にキーバインドを設定した時はCキーに編集を割り当てていたんですが、プレイをしていく内に編集のスピードが大事だと気づき、より押しやすいFキーに変更しました。

また、現在でもGキーのトラップが押しづらいので、他のキーに変更しようと考えています。

 

また、環境の変化は個人レベルではなく、ゲーム全体のレベルでも起こり得ます。

昔のFortniteでは、編集や屋根は今ほど重視されておらず、適当にキーバインドされていることも多かったです。

しかし、いつの頃からか屋根が重要視され、編集での高速建築バトルがメタの中心となり、それらのキーバインドも重要になってきました。

こういった環境やメタの変化でも、キーバインドは変化します。

 

大事なのは、こういった環境が変化したタイミングで、それに適応すること。

すなわち、キーバインドを見直しすることです。

慣れないキーバインドで一時的に戦績は悪くなるかもしれませんが、早いうちから環境の変化に対応した方が長い目で見ればお得です。

ですので、そういったタイミングでは躊躇なく変更していきましょう。

 

まとめ

少し長くなってしまいましたが、キーバインドのお話は以上になります。

プレイの根幹となる部分なので、ぜひこだわりを持って設定していきましょう!

 

また、次回の初心者講座は感度についてのお話をしようと思います。

いつになったら建築の記事を書くんだよ!と思う方もいると思いますが、感度もキーバインド同様にプレイの根幹となる部分ですので、申し訳ありませんがそちらから書かせて頂きます。

ぜひ、次回の初心者講座シリーズも読んで頂けると幸いです。

 

今回の記事はここまでとなります。

読んでくださった皆様、ありがとうございました。

Fortnite
スポンサーリンク
良かったらシェアして頂けると嬉しいです
Umaをフォローする
一生ゲームで生きていく!
タイトルとURLをコピーしました