【ポケモン剣盾】3分で10万円以上ゲット!?キョダイマックスニャースで金策【育成環境の作り方】

現実世界でも、ポケモンの世界でも金欠のUmaです。

今回は、ポケモン剣盾での金策について。

リアル世界での金策は私も分かりません。

バイトしましょう。

 

ポケモン剣盾において、お金は非常に重要です。

通常のRPGなら、クリア後はお金なんてもう有り余っているものですが、ポケモン剣盾では常に金欠に追われます。

その理由が栄養ドリンク。

ポケモン剣盾では栄養ドリンクで努力値を最大まで振ることができ、お金の価値が急増しました。

努力値はポケモンを育成するたびに必要になるので、もうお金はいくらあっても足りません。

 

今回の記事で、育成環境の作り方も第三弾となりました。

前回までの記事で、個体値ジャッジが解放され、レイドバトルの環境が整い、キョダイマックスニャースが育っていると思います。

今回の記事では、前回育てたキョダイマックスニャースを使った、ポケモン剣盾での金策について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

キョダイマックスニャースを使った金策

キョダイマックスニャースは、キョダイマックスすることで専用技のキョダイコバンを使うことができます。

このキョダイコバン、技自体の強さは控えめですが、戦闘終了後に賞金とは別にお金を手に入れることができます。

この手に入れられるお金がめちゃくちゃ多い。

キョダイコバンを三回撃つだけで、99999円が貰えます(+通常の賞金)。

 

ただし、この技を打つには一つ条件があります。

それは、キョダイマックスする必要があるということ。

つまり、ダイマックスできるバトルでしかこの金策は使えません。

ダイマックスができるバトルで、最も金策の効率が良い場所。

それは、チャンピオンカップです。

 

チャンピオンカップはシュートシティの、シュートスタジアムから参加することができます。

真ん中のお兄さんに話しかけ、トーナメントに参加!

参加前にキョダイマックスニャースを先頭にしておきましょう。

三連戦なので、ある程度時間のあるときに。

 

ちなみに参加前に招待するトレーナーを聞かれますが、私は毎回マリィにしています。

ニャースにじゃれつくを覚えさせているので、悪タイプ使いのマリィは凄く楽に狩れます。

 

バトルが始まったら、即効ニャースでキョダイマックス!!

キョダイコバン!!

キョダイコバンを三回撃ったらそれでOK!

戦闘後には99999円貰えます。

 

特に難しいこともないので、誰でも簡単にできる金策かなと思います。

ずっとやっていると飽きてしまうので、育成中のポケモンのレベル上げを兼ねたり、テレビや動画を見ながらやるのがおすすめです。

Uma
Uma

私はYouTube見ながらやってます

一気に集めるのではなく、必要な時に必要な分だけっていうのが精神衛生上良いかなと思います。

栄養ドリンクと野生ポケモン狩り、どっちが良い?

さて、ここまでキョダイマックスニャースでの金策について解説してきましたが、実際やってみてどうですか?

効率が良さと同時に、退屈だなーと感じる方も多いのでは?

実際私もそうです。

 

そもそも私は、周回といったものが非常に苦手です。

ゲームにおけるレベル上げなんかも苦手な私。

ソシャゲの周回なんて発狂します。

ですので今回の紹介した金策も、いくら片手間にやっているとはいえそう長く続きません。

できるだけこういった作業は少なくしたいと思います。

その時に考え付いたのが、普通に野生のポケモンを倒して努力値振った方が早いんじゃないか説。

 

そもそも、金策する最大の理由は栄養ドリンクです。

栄養ドリンクは一つ10,000円。

最大まで降るなら53個、端数は羽や野生ポケモンで振るとしても50個は必要です。

金額にすると500,000円。

チャンピオンカップでは、一戦でだいたい120,000円くらい貰えるので、一週で360,000円。

一週で一匹は振り切れません。

 

一方野生のポケモンを倒した場合は、

(1+8)*2=18貰えます。

(基本努力値+パワー系アイテム)×ポケルスですね。

ですので、14匹倒せば、ステータス一つ分振り切れます。

努力値をすべて振り切るには、510/18で28.333…つまり29匹倒せば振り切れます。

 

29匹もまあまあ面倒ですね。

野生ポケモンの湧きなどを考えれば、栄養ドリンクの方が手間が無さそうな気もします。

しかし、2匹以上同時に努力値を振るなら話は別。

野生ポケモン狩りは一気に効率が上がります。

ですので、一匹の努力値を振るなら栄養ドリンク、複数匹同時に振るなら野生ポケモン狩りが良いと思われます。

Uma
Uma

私は野生ポケモン狩りをする方が多いかな

 

ネックとなるのが、パワー系アイテムです。

正確には、BPの入手性の悪さがネックとなります。

バトルタワーに潜った方は分かると思いますが、BPの入手効率が凄く低い。

パワー系アイテムを複数個集めるのが結構面倒です。

ただ、集めてしまえば後は楽なので。

あとがき

短いですが、今回の記事はこの辺で終わりにしようと思います。

これ以上書くこともないですし、あくまでも今回は金策の紹介ということで。

次回はいよいよ大詰め、高個体メタモンの捕まえ方を記事にしようと思います。

 

また、最後の方で触れた野生ポケモンの努力値ですが、おすすめの狩場などは又別で記事を書こうと思います。

主要なボールの売ってる場所だったり、性格補正だったり、今回の努力値稼ぎ場だったり。

そういったポケモン剣盾でよく使う情報をまとめた、メモ的な記事を今度書こうと思います。

自分自身でもあったら便利だなと思うので。

 

後、今回から記事のタイトルを少し変更しました。

具体的には、【ポケモン ソード・シールド】から、【ポケモン剣盾】に変更しました。

理由としては、まずポケモン剣盾の方がタイトルが見やすいこと。

Google検索で自分の記事が表示された時、タイトルが非常に見づらかったので。

 

また、”ソード シールド”で検索する人よりも、”剣盾”で検索する人の方が多いというのも理由の一つ。

Googleトレンドを見てもそうですし、私自身も調べる時”剣盾”で検索します。

ですので、SEO的な話も込みで、タイトルを【ポケモン剣盾】にカテゴリも”ポケモン剣盾”に変更しました。

他の記事をどうするのかですが、少し様子を見ながらタイトルを付けなおそうと思っています。

また、パーマリンク等には影響しない筈なので、そこら辺の問題は大丈夫です。

 

今回の記事は以上となります。

読んでくださった皆様、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました