【ポケダンDX】主人公とパートナーが選べる!?神ゲー間違いなしの面白さ!!ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DXが遂に発売!!

ついにリリースされましたね、「ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX」

Switchのソフトはパッケージ版で買う派の私ですが、朝が待ちきれずダウンロード版を購入しました。

だってねぇ……

ダウンロード版なら0時からプレイできるって言われたら、そりゃダウンロード版選んじゃいますよ。

 

0時からプレイして、大体1時間くらいかな。

最初のボスっぽい敵を倒したので、一旦ここで発売直後の感想なんかを書いていこうかと思い、筆を執ったわけです。

筆っていうか、キーボードっていうか。

細かいことはいいんです。

 

そういった趣旨で今回の記事は書いていくので、発売から時間が経ったら若干感想が変わってくるかもしれません。

あくまでも現時点での感想ということで。

 


ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX -Switch

 

原作に沿ったリメイクだけど、改善点もあり

青・赤の救助隊のリメイク作品として発売されたポケダンDXですが、基本的には原作に沿ったリメイクになっています。

ストーリーや基本のシステムは、15年前の原作とほぼ同じ。

原作を楽しんでいたユーザーなら、まず確実に楽しめると思います。

 

とはいえ、何から何まで同じってわけではないですよ。

名作とはいえ、流石に15年前のゲームをそのまま流用はしません。

ちゃんと時代に沿った改善がされています。

 

一番分かりやすい違いは、やっぱりグラフィックかな。

本ブログにて何度絶賛してきたか分かりませんが、本当にグラフィックは神。

先日のFF7リメイクの時も同じこと言った気がしますが(笑)

FFのリアル路線とはまた違った、ポケダンの世界観に合った可愛いグラフィックになってます。

 

 

グラフィック以外だと、細かいゲームシステムの修正が目立ちます。

例えば、主人公のポケモンについて。

 

原作ってゲーム開始時点の質問によって、自分のポケモンが決まっていたじゃないですか。

ポケダンDXでも質問のシステム自体はあるんですが、質問の答えに関わらず自分で選択できるようになりました。

この様に質問の答えによってポケモンが提示されるものの、別のポケモンを選択することも可能です。

ちなみに私は提示されたミズゴロウで始めました。

 

その後、パートナーを選ぶ際にも、原作より多くの選択肢が提示されています。

原作では、イーブイやニャースはパートナーにできなかった覚えがありますね。

パートナーの性別も自分で設定することができ、主人公、パートナー共に自由度が上がっていますね。

私は、パートナーにはチコリータを選びました。

推しポケなんでね。

タイプ補完は二の次。

 

個人的には、原作の質問でポケモンが決定するっていうシステムも好きだったんですが、自由にポケモンを選びたいという人も多かったでしょう。

当時の攻略本でも必ずといっていいほど、ポケモン毎の質問チャートが書いてありましたからね。

質問でポケモンが決定するというシステムを残しながら、上手くユーザーの要望に配慮した形かなと思います。

 

 

他にも時代に沿った変更点が多々あり、その一つがオート機能。

ソシャゲとかでも増えてますからね。

オート操作。

移動だったり、周回だったりっていう面倒な操作はオートで!という方も多いはず。

先の主人公の件もそうですが、想像以上に時代に合わせて調整されている印象です。

 

その他の変更点については、Game8様が丁寧にまとめてくれています。

詳細な変更点を知りたい方は、そちらのリンクから。

 

 

操作は少し大変かも

絶賛気味のポケダンDXですが、やはり気になる点もあって。

それが、操作の大変さ。

正確には、操作の多さです。

 

百聞は一見に如かずということで、まずはこちらの画像を。

ダンジョン内での操作方法なんですが、ちょっと複雑過ぎる気がしませんか?

そんなに問題になるわけではないですが、昨今のゲームにしてはだいぶ操作が難しいかもとは思います。

序盤に提示される操作方法が多いのもそれに拍車をかけている印象。

 

 

勿論、慣れたら苦じゃないです。

それどころか、操作の殆どがショートカットなので、慣れたら超快適。

序盤にバーッと一気に出されるので、覚えられずと挫折しそうになりますが、そこはゆっくり覚えていけばいいのです。

ターン制なので操作自体は忙しくないですし。

 

もし覚えられなければ、最初の内ははメニューから操作して、だんだん使い勝手の良さそうなショートカットだけ覚えるとか。

そういった手法もありです。

寧ろ最初から全て覚えるよりも、そういった覚え方をした方が自然かもしれません。

何度も使っている内に体が覚えますからね。

 

ですので、操作が大変そうで挫折せずに、気楽に楽しんで頂ければと思います。

基本はソロゲーなので、ゆったり楽しんでいけるゲームですし。

のんびりでいいんです。

 

 

結局、不思議のダンジョンは面白い。それがポケモンなら尚更。

最終的にはこれに尽きますよ。

面白い。

その一言。

 

安定したクオリティ、っていうのが適切な表現かと思います。

正直、リメイク作品ということもあって挑戦の部分は少ない。

ですが、それによって全体のクオリティは非常に高い水準でまとまっており、安心して楽しむことができます。

本当の意味で全年齢対象、大人も子供も楽しめる作品です。

 

そもそもね、不思議のダンジョン自体が飛びぬけて面白いんですよ。

不思議のダンジョンというだけで、面白さが約束されているような。

そんなジャンルなわけです。

 

一方のポケモンも、超巨大なIP。

たぶん、日本に住んでてポケモンを一切知らないって人はいないんじゃないかな?

ディズニーとか、ドラゴンボールと同じ。

ポケモンというだけで成功は約束されたようなものです。

 

その二つが組んで、面白くないわけがない。

期待度通り、いや、期待以上に面白い作品に仕上がっています。

先程は操作の大変さについて述べましたが、そこに関しても使いこなせれば寧ろ超便利ですし、本当に欠点が見つからないゲームです。

剣盾は問題点も多くイマイチ勧めづらかった部分もありましたが、ポケモンDXに関しては万人に勧められる作品。

ポケモンが好きな方、不思議のダンジョンが好きな方、ゲームが好きな方、そして普段ゲームをやらない方にすらも勧めたい。

 

まだ購入してない方は、ぜひ体験版だけでもプレイしてみてください。

必ず製品版をやりたくなる魅力があります。

ぜひ、一緒にポケダンDXを楽しんで頂けたらと思います。

 


ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX -Switch

タイトルとURLをコピーしました