【ポケモン剣盾】ポケモンホームが高い??GTSが復活!?ポケモンホームの最新情報まとめ

ポケモン剣盾
出典:ポケモン公式ツイッター

先日のDLCの発表に続き、全国のポケモントレーナーが待ちに待った情報が公開されました!!

今回公開されたのはポケモンホームの情報。

ポケモンホームの詳しい仕様や、プランについて情報が出ています。

公式サイトはこちら。

 

公式サイトが非常に分かり易くまとまっているので、そちらを見て頂ければ大方の情報は分かると思います。

ということで今回の記事では、ポケモンホームの情報を簡潔にまとめ、後半は私のポケモンホームに対する見解や考察を述べていこうと思います。

Twitterではポケモンホームの値段設定についてかなり議論が交わされていますが、実際の所はどうなんでしょうか。

私の独断や偏見で考察を書いていきます。

 

スポンサーリンク

ポケモンホームの情報まとめ

まずは簡単に情報をまとめようと思います。

前提として、ポケモンホームはNintendo Switchとスマートフォンを対象としたサービスとなります。

両者のサービスは一つのニンテンドーアカウントで利用することができ、Switch版とスマホ版でそれぞれできる事が違うようです。

一覧となっている表がこちら。

出典:トップページ | 『Pokémon HOME』公式サイト

剣盾のソフトを使う場合にはSwitch版、使わない場合にはスマホ版というように使い分けされるのでしょうか。

個人的には、2つのデバイスから操作できるのは便利に感じますね。

家ではSwitch、外ではスマホといった使い分けが楽そうです。

実際にリリースされてみないと何とも言えませんが、中々感触は良さげ。

 

一方で議論を呼んでいるのが、有料プランの存在。

ポケモンホームには無料プラン(フリープラン)と有料プラン(プレミアムプラン)の2種類のプランが用意されており、無料プランはかなり機能が制限されています。

過去作からポケモンを連れて来られるのもプレミアムプランのみなので、実質ポケバンク同様課金前提のサービスになるかなと思います。

詳しいサービスの違いと、料金表はこちら。

出典:トップページ | 『Pokémon HOME』公式サイト

フリープランの方はかなり機能が制限されているのが分かるかと思います。

預けれられるポケモンも30匹と殆ど無いも同然ですし、前述の様に過去作からポケモンを連れてくることもできません。

ただ、ポケモンホームの目玉となるGTSはフリープランでも遊べるようです。

 

さて、問題視されているのはやはり料金面。

一番コスパの良い12ヶ月のプランでも年2000円ですからね。

これが高いか安いかは次節で述べるとして、少なくともポケバンクの年500円と比べて約4倍の値段にはなっています。

機能がバンクとは大きく違うので一概に比較するべきではありませんが、少し高く感じてしまうのも無理はありませんね。

 

ポケモンホームは高い??

さて、この年間2000円というポケモンホームは高いのかどうか。

個人的には、ポケモンホームは高いと思っています。

サービスに対して年間2000円という価格が高いということではなく、他の様々な要因によって結果的にポケモンホームは割高になっています。

今回はその要因について詳しく見ていきましょう。

 

他の課金要素が多すぎる

まず最初に挙げられる要因がこちら。

ポケモンホームを始め、剣盾には課金要素が多すぎます。

現在判明している剣盾の課金要素は以下

  • ポケモンホーム(年間2000円)
  • ニンテンドーオンライン(年間2400円)
  • DLC(3000円)

端数は切り上げ

 

高くないですか?

これにソフトの代金6000円が入るので、剣盾の要素を全て遊ぼうと思ったら13400円が掛かります。

ソフト一つで13400円……

高過ぎます。

 

厳しいことを言えば、剣盾のコンテンツにはフルプライスのボリュームはありません。

未だに剣盾を続けている方って殆どが対戦勢ではないですか?

勿論対戦もコンテンツの1つではありますが、逆に言えば対戦以外に発売2ヶ月後に遊ばれている要素が何もないのです。

この点は過去にも記事にしているので、詳しくはそちらを。

 

そういった事情から、私個人の意見にはなりますが、DLCやポケモンホームを含めてやっとフルプライスの価値があると思っています。

流石にDLCやポケモンホームをただで出せとは言いませんが、それにしてもポケモンホームの年間2000円は高過ぎでは?

まだDLCの3000円の方は納得できましたが、ポケモンホームに関しては値段に釣り合った機能が追加されるというよりも、元々ポケモンにあった機能をお金を出して買わされている印象です。

 

機能の追加ではなく、削られた機能にお金を払っている

先にも触れましたが、ポケモンホームに関しては目新しい機能が追加されるわけではありません。

過去作からポケモンを連れてくることも、GTSも全て過去作のポケモンにあった機能です。

剣盾ではリリース時にそれらの機能を削り、あとからDLCや追加コンテンツとして集金する。

任天堂、及びゲームフリークの集金体制を強く感じます。

 

ポケモンの対象年齢

私が、ポケモンホームの年間2000円が高いと思っている最大の要因がこちら。

ポケモンの対象年齢です。

 

皆さん分かっているとは思いますが、ポケモンは全年齢対象のゲームです。

勿論大人がプレイしても何も問題ないですが、子供がプレイするゲームでもあるのです。

それも中学生や高校生といったある程度お金のある子供ではなく、小学生の低学年からプレイするようなゲームです。

私も初めてポケモンに触れたのは5歳の時でしたし、それくらいの年齢のユーザーもいるようなゲームなのです。

 

その小学生になるかならないかくらいの子にとって、2000円は高すぎる。

私の様ないい年の大人が払う2000円と、小学生の払う2000円は全然違います。

Twitterでポケモンホームの値段設定を擁護している方も、多くは高校生以上の方でしょう。

彼らにとっての2000円はバイトを2時間やれば稼げる額ですし、軽いものかもしれません。

実際、2000円も払えない方が悪いという意見も散見されました。

 

でも、小学生相手にその理屈は通らないですよね。

彼らは自分でお金を稼ぐことはできないし、2000円を払ってもらうように親を説得しなくてはいけません。

そうなった時に、形に残らない物に2000円を払ってくれる親御さんの割合はどれくらいでしょうか。

徐々にサブスクリプションが浸透してきているとはいえ、日本は未だにサービスに対してお金を払うことを凄く躊躇する国です。

小学生のプレゼン力でそこにお金を出させるのは至難の業でしょう。

 

別に、私は自分が年間に2000円を払うことはそんなに嫌ではありません。

高いなーとは思いますが、ポケモンというコンテンツを支えるためなら嫌な気持ちはしません。

全然良いです。

ただ、小学生やそれ以下の子供に同じように2000円を求めるのは違うだろうと。

それだけは声を大にして言いたい。

せめて小学生以下のアカウントではポケホームを無料で使えるとか、安く利用できるとか、それくらいの救済処置があって欲しい所です。

 

総評

ちょっと話が色々な方向に飛び過ぎたので、今回は総評を設けます。

 

先に断っておくと、ポケモンホームのサービス自体は素晴らしいです。

過去作からポケモンを連れて来れること、GTS、巨大なボックス。

どれも魅力的なサービスですし、それを否定するつもりはありません。

 

ただ、価格設定に関してはちょっと不満が募ります。

総合的に考えて、年間2000円というのはかなり高いと言わざるを得ません。

賛否両論あるとは思いますが、この点に関しては私は譲ることはできません。

今の小学生の金銭感覚は分かりませんが、少なくとも私が小学生の時なら、ソフト以外になんで2000円もお金を払わなくちゃいけないんだと思います。

任天堂及びゲーフリは、今一度ポケモンのユーザー層を認識しなおして欲しい所です。

 

批判が多くなりましたが、なんだかんだ私もポケモンホームのサービス自体は楽しみです。

過去作のポケモンを早く剣盾に連れてきたいですし、ミントや王冠で対戦でも使えるようにしてあげたい。

そんなワクワク感はちゃんとあります。

過去作でのポケモン整理が少し大変ではありますが(笑)

USUMもちゃんと全クリしていないので、ウルトラホールに潜って伝説のポケモンを捕まえないと。

もしかしたらUSUMの記事を書くこともあるかもしれないので、その時はまたお付き合い頂けると幸いです。

 

今回の記事は以上となります。

読んでくださった皆様、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました