【ポケモン剣盾】ポケモンホームがついにサービス開始!!詳細や感想まとめ

無音の部屋の中で、不意になる着信音。

連絡する相手もいないので、この通信音を聞いたのはいつ以来でしょうか。

そう思ってスマホを見てみたら、一通のメールが届いていました。

 

『Pokemon HOME』サービス開始

 

そう、本日より待ちに待ったポケモンホームが解禁されました!!

先日の情報公開の時は日付までは分かりませんでしたからね。

まさか今日とは。

 

事前情報は全然仕入れていませんが、早速ダウンロード。

Ver.1.0.0

本当に初期の初期段階。

ここから沢山のアップデートが重ねられていくのでしょう。

 

ということで、今回は本日リリースされたばかりのポケモンホームについて書いていきたいと思います。

ポケモンホームの仕様や、使ってみての感想なんかを書いていくので、ぜひお付き合い頂けると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

ダウンロード方法

要らないかなーとも思うんですが、一応紹介しておきます。

 

ポケモンホームにはSwitch版とスマホ版の2種類があり、それぞれ個別にダウンロードする必要があります。

Switch版はニンテンドーeショップから、スマホ版はApp StoreやGoogle Play等からダウンロードできます。

Switch版とスマホ版でできる事が違うので、二つともダウンロードすることをおすすめします。

それぞれの機能の差についてはこちら。

また、Switch版をダウンロードした時にはピカチュウが、スマホ版をダウンロードした時はカントー御三家からどれか一匹が貰えます。

 

 

ポケモンホームで出来ること

ここからはポケモンホームで出来る事、つまりポケモンホームの仕様について書いてきますが、本記事ではプレミアムプランを前提に書いていきます。

過去記事でポケモンホームは高い!!って批判してたんですが、結局プレミアムプランに入りました。

【ポケモン剣盾】ポケモンホームが高い??GTSが復活!?ポケモンホームの最新情報まとめ
先日のDLCの発表に続き、全国のポケモントレーナーが待ちに待った情報が公開されました!! 今回公開されたのはポケモンホームの情報。 ポケモンホームの詳しい仕様や、プランについて情報が出ています。 公式サイトはこちら。 ...

悔しい……

 

過去記事でも書きましたが、フリープランだと出来る事に制限があるんですよね。

特にポケモンホームの目玉である、過去作からポケモンを連れてくる機能が使えないのは致命的。

幸いGTSはフリープランでも使えるので、一旦1ヶ月分だけ課金してポケモンを移し、それ以降は必要になる度に課金するということも可能です。

今回の記事では、フリープランとの比較もしながら紹介していくので、課金するかどうかの参考にして頂けたらと思います。

 

 

ボックス

フリープランだと1ボックスしか使えませんが、プレミアムプランに移行することで200ボックスまで自由に使うことが出来ます。

200!?

孵化余りやID用のポケモンでボックスが一杯一杯だったので、ボックスの追加は素直に嬉しいところ。

 

後述のGTSやミラクルボックスには、ホームに預けているポケモンも出すことが出来ます。

そのため、孵化余りなんかもホームに詰め込んでおいてOK。

この点はUSUMより便利になっています。

 

 

過去作のポケモンを連れて来る

皆さんが一番待ち望んでいた機能はこちらでは無いでしょうか。

プレミアムプランに加入することで、過去作のポケモンを連れて来ることができます!!

 

余談なんですが、ポケモンホームに連れて来られるポケモンは、3DSのポケモンバンクにいるポケモンでないといけません。

3DSのソフトならいいんですが、DSのソフトやゲームボーのソフト等は、一度BW(BW2)までポケモンを持ってきて、ポケムーバー経由でポケバンクに送らなくてはいけません。

さらっと言ってますが、これ結構めんどくさいんですよ。

 

送れる中で最も古いルビー・サファイアから送る場合、

RS→パルパークでDPtに送る(初期型DSかDS Liteのみ)→ポケシフターを使ってBWに送る→ポケムーバーでポケバンクに送る→ポケバンクからポケモンホームに送る

という手順が必要です。

 

パルパークはサファリパーク形式で送ったポケモンを捕まえなくてはいけないうえに、1日6匹まで。

ポケシフターもミニゲームをクリアしないとポケモンを送れない。

この二点がボトルネックとなり、BW以前の作品から送ってくるのはめちゃくちゃ大変です。

 

そんな大変な作業を乗り越えて送られてきたのがこの子。

この子IDが40707なので、2004年のポケモンフェスタで配布された個体なんですよね。

16年前のポケモンが最新作まで送れるっていうのは何だか感慨深いものがあります。

私が小学校に入るかどうかくらいの頃から一緒にいるんですから。

まさか大人になってもこのジラーチと一緒に冒険できるとは思っていませんでした。

 

送れるポケモンについて

ガラル図鑑に載ってないポケモンで、現段階で剣盾に送れるのは以下のポケモンのみとなっています。

出典:【ポケモン剣盾】ポケモンホーム登録方法・使い方・ガラル図鑑に連れていける限定的になります – ポケモンスイッチ攻略Press

これらのポケモンは、現在ランクバトルでは使うことが出来ません。

剣盾で孵化したとしても使えないようなので、少なくともシーズン3の間にランクバトルの環境が変わることはなさそうです。

暫くはガラル図鑑のポケモンのみでやっていくんですかね。

 

また、剣盾で実装されていない技を覚えていた場合、剣盾に送られる段階で技が消えてしまいます。

数時間前までは、技は使えないものの送れるっていう状態だったようなので仕様が変わったんでしょうか。

データがあるなら剣盾でめざパも復活するのかなと思っていましたが、私が送った時には消される仕様だったので、どうやらめざパは復活しないみたいです。

ちょっと残念。

 

最後に注意点として、送られたポケモン達は王冠の効果が無くなります。

剣盾でも王冠は入手できますが、貴重なので一応注意。

 

 

GTS

過去作からの引っ越しと並び、ポケモンホームの目玉機能がこちら。

GTS(グローバルトレードステーション)です。

 

GTSに限らず、交換系の機能はスマホ版ポケモンホームからのみ利用でき、Switch版では利用できません。

私はそのことを知らずにSwitch版でGTSを暫く探して、だいぶ時間を無駄にしたのでご注意を。

スマホ版での利用画面はこんな感じ。

 

GTSの仕様は従来の作品と基本的には同じです。

プレミアムプランでは3匹、フリープランでは1匹のポケモンを、交換条件を指定して預けておくことが出来ます。

他のプレイヤーが探したときに、交換に応じてくれれば自動で交換されます。

1匹とはいえフリープランでも利用できるのは嬉しいですね。

 

 

ミラクルボックス

これはポケモンホームからの新しいシステムです。

ちょっと分かりづらいんですが、要するにミラクル交換やマジカル交換と同様のルールで交換されると思っていただいて大丈夫です。

プレミアムプランでは10匹、フリープランでは3匹を同時に交換に出すことが出来ます。

 

前述の様に、ホームに突っ込んでおいた孵化余りをそのまま流せるのが凄く良いですね。

一度に複数匹のポケモンをミラクルに出せるので、だいぶありがたい機能です。

スマホなので出先で操作できるのも評価点。

 

 

その他の交換

上記の二つの他に、グループ交換とフレンド交換というシステムもあります。

 

グループ交換はその名の通りグループで行う交換で、最大20人まで参加可能。

グループ内でランダムに交換が行われるようです。

クリスマスのプレゼント交換みたいな感じなのかな。

 

フレンド交換は、ホームに登録してあるフレンドとのみ交換できるシステム。

これはフレンドと近くにいる必要があります。

 

どちらの交換も、スマホのみで完結できるというのが強み。

外にSwitchをもっていかなくても、友人とポケモンを交換することが出来ます。

 

 

全国図鑑

ホーム内では、過去作のポケモンも含めた全国図鑑が用意されています。

技や特性からポケモンを検索できるのでちょっと便利かも。

剣盾で削除されてしまった全国図鑑を揃えるという楽しみは、ポケモンホームで体験することが出来ます。

 

 

不思議な贈り物

こちらが最後。

スマホ版のポケモンホームでは、ふしぎなおくりものを受け取ることが出来ます。

 

こちらもメリットは、Switchを外に持ち運ばなくとも贈り物を受け取れる点でしょうね。

映画館でポケモンが配られるのは恒例ですが、その際にわざわざゲーム機を持ち運ぶのはちょっと面倒。

これからはスマホさえ持っていけば特典を受け取れるようになります。

これはちょっと便利かも。

 

 

ポケモンホームの感想

サラーっと一通りポケモンホームを触ってみたので、最後に感想を書いてこの記事を締めたいと思います。

 

良い点から書いていくと、スマホ版が思ったより画期的だったことですね。

スマホからGTSやミラクル交換をできるので、出先で交換ができるのはシンプルだけど画期的。

わざわざSwitch持ち運ぶの面倒ですし、そもそも持ち運んでもWi-Fi無いと使えないですし。

ミラクルで孵化余りを流す作業が、出先でスマホからできるのが一番嬉しいですかね。

 

 

悪い点は、GTSがSwitchからできないこと。

家の中ではSwitchがネットに繋がっているわけですし、Switchで剣盾と一緒にGTSを弄りたいんですよね。

寧ろ、家の中ではわざわざスマホを取り出すのが面倒です。

 

それに、スマホを持ってない子供とかはどうするんでしょうかね。

結局GTS使えないってことでしょうか。

あんまりじゃないですか。

スマホからGTSができるのは確かに素晴らしいんですが、やはりSwitch側からも出来るようにして欲しいですね。

あと一歩詰めが甘い。

 

悪い点の二つ目は、料金設定です。

くどいかもしれませんが、やっぱり高いですよ。

できることはUSUM+ポケバンクとほぼ変わらないのに、値段は4倍の年間2000円。

スマホという操作デバイスが増えたので単純比較はできないですが、根本的に出来る事は変わらないですからね。

この機能で2000円は高いよ。

 

年間2000円というのがコスト的に譲れないのなら、せめて何か特典を付けるとかはできなかったんですかね。

プレミアムプランに加入したら限定のポケモンが貰えるとか。

逆に、剣盾のエキスパンションパスを購入している方は1ヶ月間無料で使えるとか。

そういった特典があったら良かったなとは思います。

 

 

このままだと愚痴で終わってしまうので方向転換をしますが、今回送れるようになったポケモンがいつランクバトルで解禁されるかは非常に気になりますね。

シングル・ダブル問わずに強力なポケモンが何匹かいるので、彼らが解禁された時の環境は気になります。

でも、先にキョダイマックスの解禁ですかね。

一応、今作のイチオシ要素ですし。

キョダイダイマックスラプラスなんかは、登場したら環境をがらりと変えるでしょうね。

 

今までアプデとはあまり縁のなかったポケモンシリーズですが、こうしてアプデを心待ちにできるのは楽しいですね。

何はともあれ、今後のポケモン剣盾にも期待大です。

 

今回の記事は以上となります。

読んでくださった皆様、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました