【シージ】今更始めるのは遅い?いやいや今から始めても十分間に合うよ!!

レインボーシックス シージ始めませんか??

 

分かります。

仰りたいことは十分理解しています。

 

レインボーシックス シージは2015年発売のゲーム。

あのCoD:BO3と同い年のゲームです。

今更過ぎるだろうと。

 

更に、シージの民度はFPSの中でも最底辺。

初心者には容赦なく暴言が飛び交う優しい世界。

こんな環境で始めるわけないだろうと。

 

そう思う方の気持ちも十分理解しています。

確かに発売されたのは随分前のゲームですし、暴言も頻繁に飛び交うゲームではあります。

有名なゲームなのでFPSプレイヤーの方なら一度は名前を聞いたことがあるとは思います。

しかし、それでも始めるのみ踏み切れないのは上記の二つの要素が大きいでしょう。

 

では、何故今更シージをおすすめしているのか。

それは、まずシージが凄く面白いゲームだから。

そして、上記の二つの要素は対処することが出来るからです。

 

ということで、今回はシージを皆さんにおすすめする記事になります。

シージの面白さを簡潔にまとめながら、上記の二つの対処法を紹介していこうと思います。

 

スポンサーリンク

シージの面白さ

だらだら語ってしまうとそれだけで記事が終わってしまうので簡潔に書きます。

シージの最大の面白さは競技性の高さです。

運要素が極限まで少なく、やればやるだけ勝てるようになります。

それがシージの最大の魅力。

 

シージの競技性の高さを維持している理由は、固有能力を持ったオペレーターと、物理的に干渉可能なマップ。

オペレーターは一人一人が固有の能力を持ち、マップや状況、作戦に応じて使い分けます。

武器もオペレーターによって固定なので、武器の強弱も相まってオペレーター選択が非常に重要。

 

一方のマップは、一部の壁や床が破壊可能です。

銃弾やブリーチングチャージ、オペレーターの固有能力であるハンマーなどで破壊できます。

これにより新しく射線を通したり、侵入経路の確保、裏取りルートの確保などができます。

防衛側によるマップの工事は、チームごとの特色が出ていて本当に面白い。

プロリーグの視聴数が高いのもうなずけます。

 

更に、シージは常に環境が変化しています。

シーズン毎にオペレーターの追加や、マップの追加・リワークも行われるので環境が常に変化するようになっています。

新マップは勿論、既存のマップでもメタが変わります。

マンネリ化せずに長く楽しめるゲームと言えます。

 

また、5対5のチーム戦ではありますが、オーバーウォッチ程協力必須のゲームではなく、かといってソロでは勝つのは難しい。

丁度いいバランスです。

当然VCを繋げるパーティの方が有利ではありますが、視野を広くして周りの動きを見れば野良でも連携は十分可能です。

競技性が高いながらも、野良でもちゃんと試合になります。

ソロでも楽しめるのがシージの良い所かなと思います。

 

今からシージをやっても間に合う理由

簡潔にシージの面白さをまとめたところで、ここからは前述の二つの要素に対する対処法を書いていこうと思います。

まずは、始めるのは今更過ぎるという点に対する対処法。

 

そもそも、始めるのが遅いことのデメリットは何でしょうか。

私は三点あると考えており、その全てをシージなら対処できます。

ここでは、デメリットを挙げながら一つ一つ見ていくこととします。

 

人口

まず一つ目は、人口。

基本的に発売から年月が経つ程人は離れていき、オンラインゲームの場合マッチングが難しくなります。

そういった点から、オンラインゲームでは人口が凄く重視されます。

 

ただ、シージの場合人口に関しては心配いりません。

発売からこれだけの時間が経ってもsteamの売り上げ上位に常にランクインしており、人口は増え続けています。

また、私個人の話にはなってしまいますが、マッチングで特に不便を感じたことはありません。

唯一、アンランクモードは時間帯によってマッチングが長いですが、コアタイムにプレイすれば問題ありません。

クイックなら本当にマッチは爆速。

平日の昼間でも全然プレイできます。

 

サービス終了の可能性

第二のデメリットがこちら。

サービスが終了する可能性。

 

こちらに関してもシージならば問題ありません。

先程述べた通り未だに売れ続けているゲームなので、近い内にサービスが終了するということは無いでしょう。

売り上げ的に見てもまだまだ安泰。

 

また、運営がこれからも長く続くコンテンツにしていくと明言しています。

具体的には、10年続くゲームにすると。

運営元のUBIは超大手のゲーム会社なので、明言したことが守れなければ経歴に傷がつき、今後の他のソフトの売り上げにも関わってきます。

そんな悪手を撃つわけがありません。

ですので、今後も長く続くゲームというのはほぼ確定事項ですし、サービスの終了に関しては考慮する必要はないかと思います。

 

今更初めても勝てない

どんな他の理由を並べても、最後にはこれに辿り着きます。

始めることが遅い最大のデメリット、今更初めても勝てないこと。

 

これに関しては、完全に対処できているかと言われると微妙です。

私個人としては、できていると言ってしまって良いと思いますが、人によって感じ方は違うかも。

ですので、ここでは私個人の意見で述べていきます。

 

シージは、先人達による積み重ねのゲームです。

数多くのオペレーターやマップが追加される中で、次々と形を変えてメタを作り上げてきた先人達の積み重ねがあるゲームです。

シージにおいては、極端な話エイムはそこまで重要ではありません。

これらの知識があることが何よりも重要です。

 

今から始めても勝てると感じる最大の理由は、シージは知識を仕入れるのが凄く簡単だから。

解説動画、プロリーグの試合、ランクマッチの配信など。

本当に見てるだけで知識がどんどん入ってきます。

ですから、シージおいて最も重要な知識というものは、いとも簡単に手に入るのです。

やればやるだけというよりも、勉強すれば勉強しただけ勝てるゲームです。

 

以上のことから、私個人としてはシージは今から始めても勝てると感じています。

ただ、わざわざゲームで勉強までしたくない、そこまでは求めてないという方もいるでしょう。

そういった方にとっては、シージは今から始めても勝てるかと言われると難しいかもしれません。

プレイしてれば自然と知識は付いてくるっていう面もありますが。

ランク等で勝つためにはある程度の勉強が必要です。

逆に言えば、意欲があれば今からでも上位勢に追いつけると私は考えています。

 

暴言の対策

次は、シージで特に問題視されている暴言の対処法を書いていこうと思います。

少し賛否両論のある方法になると思いますが、こんなやり方もあるよって感じで見て頂ければと思います。

 

シージは、PS4版の場合はVC、PC版の場合はVCとチャットの二種類のコミュニケーション方法があります。

要はこの二つのコミュニケーションを遮断してしまえば、民度の低さを体感することも無くなりますし、暴言を浴びせられることも無くなります。

 

やり方は凄く簡単。

設定>言語と音声から、”ボイスチャット音量”を0に、”ボイスチャット録音モード”を無効にします。

これで他の人のVCは聞こえず、自分の声も他の人に聞こえなくなります。

 

次にチャットの無効化ですが、設定>ゲームプレイ>インターフェース設定から、PCチャットを表示をオフにします。

これでチャットは完全に無効化できます。

 

上記の方法で、VC・チャット共に暴言を完全にシャットアウトできます。

デメリットは、味方とのコミュニケーションが取れなくなること。

暴言を言うプレイヤーだけでなく、善良なプレイヤーとのコミュニケーションもシャットアウトしてしまいます。

そのため、上記の方法自体を批判されることは良くあります。

FPSで暴言なんて日常茶飯事なんだから気にしなければ良いと。

 

ですが、個人的にはVCもチャットも全部オフにしてしまって良いと思っています。

私も以前は味方とのコミュニケーションが取れないのは良くないと思い、VCもチャットもオンにしていました。

ですが、VCとチャットをオンにしていても味方とコミュニケーションを取ることなんて殆どありません。

出会うのは、VCの暴言、チャットのnoobやfuckの文字ばかり。

有益な情報なんて殆どありません。

民度の低さを実感し、精神を消耗していくだけです。

実際、過去に私もこれが原因でシージから離れていました。

ですから、VCもチャットもオフで良いと思います。

ストレス無く、楽しくゲームをやる方が大事。

 

あとがき

いかがだったでしょうか。

少々強引な部分もありましたが、今からシージを始めても遅くないよ!ってことを伝えたくて本記事を書きました。

ぜひシージを始める方が一人でも増えたらと思います。

また、私の様に過去にプレイしていたけど辞めてしまった人が、もう一度プレイするためのきっかけになればと思います。

 

さて、本文中には書きませんでしたが、シージには除外とTK(team kill)という機能があります。

PC版では殆ど見かけないですが、PS4版ではちょくちょくこの二つを悪用した荒らしがいます。

そして、現在この二つに対しては完全な対策はありません。

ただ、UBIも問題視しているようで、少なくともTKに対しては二回目以降はダメージが跳ね返るといった仕様になりました。

ですのでTKに関しては心配しなくていいかと。

除外に関しては、基本的に荒らし行為をしなければ殆ど入りませんが、たまに悪意をもって何もしていないのに除外投票を入れてくる人もいます。

そういうマッチはもう即抜けでも良いかなというのが私の率直な思い。

絶対その後の空気は悪いですし、わざわざそのマッチを頑張る必要性は無いように感じます。

何にせよ、民度だけはどうしようもないので、こちら側で上手く対策して楽しんでいければと思います。

 

今回の記事は以上となります。

読んでくださった皆様、ありがとうございました。

ゲーム
スポンサーリンク
良かったらシェアして頂けると嬉しいです
Umaをフォローする
一生ゲームで生きていく!
タイトルとURLをコピーしました