【チーター】中国は隔離するべきなのか?リージョンロックチャイナに対する私の考え

PCゲームを語るうえで、切っても切り離せない要素。

それがチーターです。

特にシューターゲームに被害が大きく、内容の良し悪し以前に、チーターが湧いたらその時点で終わってしまいます。

 

そんな中、チーターの被害を甚大に受けたPUBGは、チーターの99%は中国人だと発表しています。

そのことから、ユーザー側からはリージョンロックチャイナの声が大きくなり、一方で運営側は莫大なチャイナマネーを失いたくないという板挟み状態が発生。

昨今の悪い噂と相まって、オンラインゲーム界隈で中国は世界中から嫌われています。

 

スポンサーリンク

中国はリージョンロックするべきか

あくまで一個人の意見、と前置きしたうえで……

私個人としては、中国はリージョンロックして隔離するべきだと考えています。

 

人種や性別の差別に対して厳しい目が向けられている昨今、こんな発言をすることは憚られますが……

チーターの被害を受けている我々だけでなく、中国という国のためにもリージョンロックチャイナは強行すべきだと考えています。

 

中国自体のイメージの悪化

オンラインゲーム、特にシューターをプレイしてる方は中国が嫌いな人が多いと思います。

私自身も、好きか嫌いかの二択で問われたら嫌いと答えます。

 

理性的には分かってるんですよ。

中国や中国人が悪いわけではなく、悪いのはあくまでもチーターである。

そんなことは百も承知です。

 

ですが、冒頭のPUBGの件然り、中国人チーターはあまりにも多い。

それが国民性ゆえか、環境によるものなのかは分かりませんが。

現実問題、チーター=中国というイメージは切っても切り離せません。

 

そういった問題が積み重なり、我々オンラインゲーマーには中国そのものが嫌いな方がかなり多い。

そして、その数は今後増え続けるでしょう。

 

それによって損するのは、チーターでもなんでもない、それどころかゲーマーですらない一般の中国人です。

もちろん、チーターだけを根絶できればそれが最善ですが……

現状でチーターの根絶が難しい以上、中国のリージョンロックは致し方のないことだと考えます。

 

リージョンロックできない理由

現状、中国をリージョンロックできない理由は二つあります。

一つは、人権意識の問題。

中国だけを隔離するとは、それ即ち中国を差別しているということでもあり、昨今の世界情勢を考えれば難しいのが実情です。

 

二つ目は、経済において中国を無視することができないという点。

昨今、ゲーム以外の分野でも、チャイナマネーは無視できないほど莫大なものになっています。

誇張抜きに、中国で売れると儲けの桁が変わってくるといわれるほど。

世界最大のゲーム会社「テンセント」が中国の企業であることもあり、中国での売り上げを丸々放棄するのはかなり厳しい選択です。

 

リージョンロックの有用性

仮にリージョンロックできたとしても、リージョンロックそのものに有用性がないのでは? という意見もあります。

VPNで他の国に紛れてアクセスできるので、リージョンロックしても意味がないんじゃないかという意見。

実際、中国でリリースしていないApexも、中国人チーターの被害に悩まされていました。

 

これに対する回答は、現在の技術ならVPN経由のアクセスを感知して弾き出すことができる、というものになります。

詳細は不明なものの、それを使えばリージョンロックの有用性は保つことができます。

 

リージョンロック以外での対策

最後に、リージョンロック以外での対策について。

リージョンロックはある意味で最終手段のため、本来ならその前段階でチーターを根絶できるのが理想です。

多様な問題からリージョンロックの強行が難しい現段階では、いかに他の方法でチーターを減らすのかが最も有意義な議論となります。

 

アンチチートシステムの充実

最も望ましい形がこちら。

アンチチートシステムの充実により、チートができない、もしくはチーターが直ぐにBANされる環境を作ること。

 

理想ではありますが、この方法では対策できないのが現状です。

中国ではチートがお金になる&10億人もいればその分優秀なエンジニアも多いので、アンチチートシステムで画一的に対策をするのは困難です。

 

個人情報の入力

アカウントを作成する際に個人情報を入力し、BANされたらその瞬間に二度とアカウントが作成できないようにする。

ただし、チーターを一度BANできることが前提の対策であり、システムの完成度によっては効果を発揮しづらい可能性もあります。

そのため、根本的な解決というよりも、チートを使いづらい精神状態を作るのが目的です。

 

中国版で別パッケージを作る

オーバーウォッチが採用している方法で、リスクを抑えつつ効果が高い方法だと言われています。

ただし、中国国内のプレイヤーはチーターとマッチングする可能性が高まるため、一概にベストな選択かと問われると難しいところ。

 

まとめ

チート販売業者は技術力が高く、なにより根が深い。

できれば販売業者の方を叩き、チートそのものをなくしていきたいものですが……

やはり、難しいのでしょう。

 

しかし、各企業がこぞってチーター対策に力を入れているのは確かです。

一昔前のチーターにやられっぱなしだった時代と比べ、光明は見えている……はず。

雑記
スポンサーリンク
シェアする
かUmaをフォローする
電子の海で遭難中
タイトルとURLをコピーしました