ブラック企業からの人生逆転計画

先日の記事内でも触れましたが、マジで時間が無い。

【VALORANT】起動する気が起きない……
最近、マジでVALORANTを起動してない。 2週間程前に認定戦を終わらせて、そこから一切プレイしていません。 リリース前はあれだけ期待していたのに、いったいどうしてしまったのか。 この記事では地獄のミサワばりに「忙しい」「時...

この記事に書いてる通り、平日は一日3時間くらいしか自由な時間がありません。

 

ゲームやって、ブログ書いて、YouTubeやって……

いかに効率良くやろうとも、一日3時間じゃ満足な活動はできません。

 

 

加えて、平日も必ず3時間フルに活動出来るわけではなく、その日の疲れ具合によっては殆ど動けない日も。

そもそも、3時間という活動時間も半ば無理やり確保した時間で、睡眠時間をギリギリまで削って作っている状態。

日中は常に眠いし、明らかに体調が悪くなってるのを感じます。

 

それでも、これ以上に自分の時間を削ったら、いよいよ生きている意味を見失ってしまうので。

少しでも効率的に活動できるように、対策を考えなければなりません。

 

スポンサーリンク

通勤時間が長すぎる

今現在、私が抱えている最大の問題はこちら。

通勤時間が長すぎること。

 

労働環境については後に述べますが、現段階では殆ど残業もなく業務しています。

研修中というか、自社待機中なので当然といえば当然ですが。

少なくとも現段階では、労働条件はブラックではありません。

Uma
Uma

現段階を強調している理由は後に

 

 

 

ですが、通勤時間が長すぎる。

通勤時間だけで、往復4時間以上を使っています。

 

平日のスケジュールをまとめるとこんな感じ。

  1.   6:30 起床
  2.   7:40 家を出る
  3. 10:00 始業
  4. 19:00 終業
  5. 21:00 帰宅

改めて見るとヤバいなこれ。

 

21時に帰宅後、風呂や晩御飯で1時間くらいは使うので、活動が始められるのは大抵10時以降になります。

次の日6時半に起きることを考えると、1時にはベッドに入りたい。

そうすると、やはり3時間程しか活動時間はありません。

 

 

引っ越せば「短期的」には時間が作れる

通勤で往復4時間も使っているので、会社の近くに引っ越すだけで大幅に時間が確保できます。

たぶん、通勤時間で記事一本書けると思う。

 

ですが、今のところ引っ越しは検討していません。

理由は二つ。

 

 

理由の一つ目は、お金の問題。

学生ニート→ニートと底辺を渡ってきたので、もはやお金が残っていません。

引っ越すのはおろか、剣盾のDLCすら買えないほど。

 

あと、会社の近くに引っ越すとなると、どうしても家賃が高くなります。

ショボい部屋でも月に8万くらいは取られるだろうし、私の安月給でそれは厳し過ぎる。

それならば、そのお金で自分への投資をした方がマシ。

もしくは親孝行するか。

 

 

二つ目の理由は、引っ越して時間を確保しても、根本的な解決にはならないからです。

包み隠さず述べてしまうと、私の所属する会社は労働条件が良い会社ではありません。

給料は低く、拘束時間は長い。

ボーナスや昇給の精度もなく、資格手当で僅かに給料を上げることも出来ますが、そもそも勉強する時間がない。

 

ゾッとしたのは、夕方5時→朝9時までの夜勤で、月に18万しか貰えないと聞いた時です。

それも、風の噂で聞いたとかではなく、上司から直接聞かされた話。

上司も至極当然の事として話しており、事実としてこの労働形態が成立しているようです。

 

……狂ってる。

これだったら、アルバイトの方が全然良い。

 

 

気になる方は、「客先常駐」とか「SES(システムエンジニアリングサービス)」といった単語で調べてみて欲しい。

日本社会、IT業界の闇を知れるので。

 

こんな労働条件では、引っ越して多少時間を確保しようと焼け石に水です。

研修期間中ならまだしも、現場に飛ばされれば長時間労働&低賃金の地獄。

寧ろ、通勤時間が長い方が、馬鹿げた労働条件の仕事を振られず得かもしれません。

 

 

長期的に時間を作るためには転職するしかない

「入ったばかりで何を!?」って感じですが。

結局、私の理想とする生活を手に入れるためには、転職するしかありません。

 

出来ることなら、フリーランスや個人事業主としてクリエイター活動をしたいんですけどね。

残念ながら、今の私にその力はない。

いずれは出来たら良いな~とは思うものの、あてにするのも良くないと感じています。

 

 

ですので、次を最後の職場とするつもりで転職活動をします。

散々回り道をしてきましたが、ここらでもう腰を落ち着けたい。

年齢的にも、次がラストチャンスだと思います。

 

とはいっても、今すぐ仕事を辞めて転職しても意味がありません。

妥協して、同じようなSESの会社に入るのが目に見えています。

その辺の事情は、こちらの記事が凄く参考になる。

元底辺SESの悲しき無職転職物語
今回はみなさんに謝罪することがあります。俺の名前は進藤京介新卒で入社した会社は底辺中の底辺で、自称IT企業のSESをやってる会社だった。挨拶をする仕事から始まり、気がつけば俺は無職になっていた。俺はIT業界の闇が許せなかった。...

 

だから、転職するタイミングは今じゃない。

今は、転職のためにスキルを磨く期間だと思っています。

仕事は辞めずに、僅かな時間でなんとか勉強する。

カッコいい言い方をするなら、下積み期間ってところでしょうか。

 

 

ここから人生を逆転してやる

たぶん、私はもうITには二度と関わらないと思う。

IT業界自体に良いイメージが無いし、そもそもITの仕事に興味がない。

PCを使ったクリエイティブやガジェットが好きなのであって、SEやプログラマーって仕事に魅力を感じない。

 

 

実は、希望の転職先にはもう目を付けています。

労働条件や職種を総合的に判断して、やりたいなと思えるような仕事が見つかりました。

身体や時間を切り売りせずに、趣味も十分に楽しめるような仕事が。

 

もちろん、そういった労働条件の良い職に就くのは簡単ではありません。

社会人経験が重視されないのは幸いですが、それでも茨の道であることに変わりはありません。

私の薄っぺらな人生全てを懸けて、それでも届くかどうか。

 

 

でも、ここで諦めたら人生終了です。

試合終了どころではなく、人生が終わります。

その先には、一生社会の奴隷として使われ続け、地を這う人生しか待っていません。

 

私の年齢的にも、何かになるなら今がラストチャンスです。

今の私はまだ、何にも成れない人生を許容できないくらいには若いつもりです。

でも、あと5年や10年経って精神的にも大人になれば、そういった気持ちは薄れていくでしょう。

募集要項の年齢制限もそうですが、私のモチベーション的にも悠長には構えていられない。

 

一世一代、人生最後の大勝負。

全身全霊を懸けて勝ちに行きます。

雑記
スポンサーリンク
シェアする
かUmaをフォローする
電子の海で遭難中
タイトルとURLをコピーしました