【Fortnite】自分に合った感度の見つけ方

Fortniteにおいて最も大事なものは何でしょう。

建築や立ち回りはもちろん大事です。

ですが、それ以上に何よりも大事なのがエイムです。

 

Fortniteがシュータージャンルである以上、敵に弾を当てられるエイム力が無ければ勝てません。

ですから、本来Fortniteにおいて最も重要なのはエイムなのです。

 

しかし、Fortniteではエイムがおざなりにされがちです。

建築という独自の要素により、エイム力を誤魔化すことが出来るからでしょう。

建築の技術に大きな差があれば、多少エイム力で負けていても勝負にはなります。

 

しかし、本来建築とはエイムを補うためのものでは無く、正確なエイム力があって初めて真価を発揮するものです。

エイムは全てのシューターゲームにおいて土台となる技術であり、それを建築で補うというのは本来歪な構造なのです。

 

ということで、今回の記事はエイム、及び感度について解説していこうと思います。

少し長くなりますが、お付き合い頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

エイムとは?

エイムとは、狙った場所に照準を合わせる行為です。

どのくらいマウスを動かせば、それに応じて照準がどれくらい動くのか。

それを感覚的に理解し、素早く敵に合わせることが求められます。

つまり、マウスの動きと照準の動きが感覚的に整合されれば、エイムは飛躍的に良くなります

 

整合の方法は大きく分けて二つあります。

一つは、自分に合わせること。

もっと分かり易い言い方をすれば、感度を合わせるということになります。

理論上、感度が完璧に合っていれば自分のイメージと一切の相違なく照準が動くため、外すということが無くなります。

実際にはその時々でコンディションや外的要因が違うので、感度を完璧に合わせることはほぼ不可能ですが。

それでも感度を合わせるのは非常に重要です。

 

整合させるもう一つの方法は、自分が合わせること。

一言で言ってしまうと練習です。

決められた感度に対して、自分の中のイメージや感覚を合わせていきます。

先程述べた通りコンディションや外的要因によって感度と自分のイメージはズレるので、その都度自分で合わせていく必要があります。

こればかりは練習あるのみ。

 

以上の二つの方法により、マウスと照準を整合させていくことで、エイムを段々と良くしていきます。

実際には、まず感度をある程度合わせて、そこから自分の感覚を感度に合わせてくという方法を取ります。

練習に関してはクリエイティブやランブル等で自由にできるので、今回の記事では感度の合わせ方までを紹介します。

 

誰もが最強のエイム力を持つ必要はない

冒頭の話と矛盾するようですが、エイムにおいて大事な考え方です。

世界にはShroudやBeauloの様な神エイムを持っているプレイヤーもいますが、誰もがあそこまでエイムを良くする必要はありません。

有利な状況でしっかり当てられるエイム力があればいいのです。

 

有利な状況とはどんな状況でしょうか。

不意打ち、敵のリロード、上を取った時などなど……

こういった有利な状況でしっかり当てられるエイム力があれば十分です。

不利な状況、例えば1vs4を捲れるようなエイム力は必要ありません(あるに越したことはないですが)。

 

そして、Fortniteでは有利な状況でエイムが合わせられるというのは非常に重要です。

Fortniteは建築によって有利な状況を作り出すゲームであり、その作り出した有利な状況でエイムが必要となるゲームでもあります。

これが先ほど述べた、正確なエイム力があって初めて建築が真価を発揮するという部分。

エイムが悪いと有利な状況を作っても決めきれず、いつまでも戦いが長引いてしまいます。

そのため、有利な状況でしっかり当てられるエイム力は凄く大事。

 

感度の合わせ方

乱暴な言い方ですが、800DPIの6%~8%、400DPIの12%~16%の間で調整するのが良いと思います。

多くのプロの感度がこの中に納まっていますし、建築とエイムを天秤にかけた時にバランスの良い感度でもあります。

ですので、この範囲内を0.5%ずつぐらいの幅で動かして、一番やり易い感度にするのが良いと思います。

0.5%以下の細かい調整もできますが、正直やってもあまり意味は無いと思います。

 

私がこんなに雑な言い方をしているのには理由があって、人間のコンディションは想像以上に変化するからです。

今日のエイムの感覚と明日のエイムの感覚は全然違いますし、それどころか1時間くらい先でもエイムの感覚って変わってきます。

確かに細かく合わせれば、感度調整した直ぐ後のエイムはめちゃくちゃ良いでしょう。

ただ、明日になれば若干ズレています。

また明日になってエイムを調整しても良いんですが、正直面倒ですよね。

私も昔は凄く細かい範囲で感度を合わせていましたが、次の日になるとなんか違うということを繰り返していました。

だから、あまり細かい範囲で合わせても意味がないと思うのです。

ですから、あまり神経質にならずに0.5くらいの範囲で感度を探していくと良いかと思います。

 

調整法

やり易い感度の探し方は、昔ながらの二つの的を使うやり方がシンプルで良いかなと思います。

この様に二つの的を用意して、的から的へ照準を移動させていきます。

照準が行き過ぎたら感度を下げる、照準が届かなかったら感度を上げるというやり方で調整します。

1セットだけでなく、色々な距離の的を使うことを推奨。

 

注意点としては、ゆっくりマウスを動かして照準を合わせないこと。

ゆっくり動かしたらどんな感度でも合ってしまうので。

極端に早くする必要はありませんが、いつも自分がエイムする時にマウスを動かす速度でやってください。

 

建築がやりづらい方へ

先程のやり方で感度を合わせて頂けた方、建築やりづらくないですか?

もし建築もやり易かったらこの話はスルーしてください。

 

先ほどの感度の合わせ方はエイムを基準とした感度の合わせ方で、建築、敷いては視点移動を基準とした感度の合わせ方ではありません。

そのため、視点移動する際、自分の感覚に合っていないということが起こりえます。

 

なんで?と疑問を覚える方もいるかもしれません。

エイムを合わせた時に自分の感覚と合わせたのだから、視点移動もその感覚でできる筈だと。

ただ、実際にはそう上手くいかないことも多々あります。

エイム時と視点移動時での、マウス移動をするための支点の違いが要因です。

 

多くの方が、精密なエイムをする時には手首を固定して、手首視点で動かしますよね。

肘や腕支点でやってる!という方も多いと思いますが、よっぽど特殊な例を除き精密なエイムをする時には無意識に手首視点になっています。

少なくとも、先程挙げた範囲内の感度ならエイムする時は手首視点になっているはずです。

 

一方で、大きな視点移動をする時には、基本的に肘や腕を視点にします。

180度の振り向きだったり、360度見渡すときなどは手首が浮きますよね。

当然建築する時にも、肘や腕を支点にします。

先程の節ではエイム、つまり手首視点を基準として感度を合わせたので、肘や腕支点の建築がやり辛いという訳です。

 

解決策ですが、慣れてください。

こればかりは慣れるしかありません。

建築に合わせて感度を調整すれば、今度はエイムがやり辛くなります。

建築はエイムに比べて精密さを要求されないので、エイムは感度をピッタリ合わせて、建築は気合で何とかした方が上手くいきます。

私も元々800DPIの10%くらいだったのを、エイム基準で6%にしました。

最初は腕をいっぱい振る必要があって建築が大変でしたが、今では特に不自由なくやっています。

2.3日で建築の感覚は合ってくると思うので、それまで少し辛抱して頑張りましょう!

 

ADS感度について

すっかり忘れてました……

Fortniteには通常の感度とは別に、ADS感度(ターゲット感度とスコープ感度)を決められます。

 

この二つの感度ですが、できるだけ低めに設定しておくことをおすすめします。

Fortniteにおいて覗く時って、中距離以降の交戦距離がある程度確保されている時なんですよ。

近距離だったら覗かずにSGやSMGを腰撃ちした方が強いので。

ですから、ある程度離れた状態での戦闘を考慮して感度を決めるべきです。

 

以上のことを踏まえると、遅い方が有利なんですよね。

Apexなどと違いFortniteはキャラのスピードが遅いので、距離が離れていれば低感度でも追えます。

そうなると正確性を考えても低感度の方が良いんですよね。

ですので、ADS感度は敵を追える範囲内で低めを推奨します。

 

他のゲームと感度を合わせる時

需要があるか分からないですが、一応記述しておきます。

シューター系で他のゲームと感度を合わせる時には、基本的に腰撃ちのみを合わせた方が良いです。

つまり、通常状態の感度ですね。

 

先程述べた通り、Fortniteは交戦距離が遠く、キャラのスピードが遅いです。

交戦距離の近いシージや、キャラのスピードが速いApexで、FortniteのADS感度に合わせたらどうなるでしょう。

間違いなく感度が低くて追いきれないです。

これは私も実証済み。

ですので、ADS感度はそのゲームごとにやり易い感度に合わせた方が良いです。

 

逆に、腰撃ちの感度は合わせた方がやり易いです。

視点移動が同じ感覚で行えるので、キャラコンがしやすいです。

腰撃ち時のエイムなら追えないということは無いので、どのゲームにも持っていけます。

 

また、感覚が変わらないので酔いづらくなります。

完全にソースはワイ状態ですが、感度がばらばらの時より明らかに酔いづらいです。

ですので、腰撃ちは全ゲーム共通の感度を使い、ADS感度はそのゲームごとに調整するようにしましょう。

 

 

今回の記事は以上となります。

読んでくださった皆様、ありがとうございました。

Fortnite
スポンサーリンク
シェアする
かUmaをフォローする
電子の海で遭難中
タイトルとURLをコピーしました