【あつまれ どうぶつの森】時間操作は悪なのか?時間操作で楽しめるようになった話

1ヶ月程前に、「あつまれ どうぶつの森」がつまらないという記事を書きました。

【どう森】売上188万本の「あつまれ どうぶつの森」がつまらない
凄いですね、どう森。 初登場で販売本数、188万626本だそうです。 凄い作品だと思うよ、本当に。 でもさ、なんだろうな。 面白くないんだよね。 はっきり言ってつまらない。 これに関しては...

自分ではつい最近書いた気もするんですが、もう1ヶ月経ってたんですね。

 

さて、先の記事の中で、どう森は作業ばかりでつまらない、おつかいゲーだと評しました。

そのことを否定するつもりはありません。

実際、記事を書いた段階では本当につまらなかった。

延々と単調な作業ばかりを強要され、大幅に自由度が制限されたマイクラの様に感じていました。

 

 

そんな不満ばかりのどう森でしたが、最近では嘘の様にどう森を楽しめるようになりました。

あれ程に楽しみにしていたFF7リメイクを差し置いて、今一番ハマっているゲームかもしれません。

 

私がどう森を楽しめるようになったきっかけは、タイトルの通り「時間操作」をしたから。

ただ、時間操作に関してはユーザー間でも賛否両論あるようで。

今回はその辺について書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

つまらなかった理由と楽しめるようになった経緯

時間操作についてあれこれ書く前に、そもそも私がどう森を楽しめなかった理由と、楽しめるようになった経緯を書いていこうと思います。

楽しめなかった理由に関しては先の記事の要約なので、簡潔に書いていきます。

 

つまらなかった理由

まず、私がどう森を楽しめなかった理由は、作業ゲーが嫌いだからです。

何度も同じことをさせられるのが凄く嫌いなんですよね。

同様の理由で、周回要素の強いソシャゲもあまり好みではありません。

 

そんなどう森の中でも、特に作業感の強かったのが金策。

虫を捕まえたり、魚を釣ったり。

何度も何度も同じことの繰り返し。

現実世界の釣りも嫌いな私に、ゲームの世界で出来る筈もありません。

 

もちろん、1日1時間くらいプレイして、のんびりお金を稼ぐというのもアリです。

それくらいならストレスになりづらいし、どう森自体がそのくらいのプレイ頻度で設計されているかもしれません。

 

しかし、どう森の世界ってほのぼのしているようで意外とシビアなんですよ。

あの世界では基本的に金がないと何もできません。

家を大きくしたり、島を整備したり。

PVで推されていた要素は殆どプレイできません。

 

私は購入前の段階で、そういったクリエイティブ要素に期待していたんですよ。

実際、クリエイティブの要素はめちゃくちゃ楽しい。

ただ、前述の様にそこに至るまでの金策が苦行なんですよね。

その金策を楽しむことができなかったというのが、私がどう森を楽しめなかった理由です。

以上。簡潔に書くとは……?

 

 

楽しめるようになった経緯

さて、そうなると楽しめるようになった経緯は至極簡単です。

クリエイティブ要素がやれるようになったから。

これに尽きます。

 

経緯としては、YouTubeやブログとは隔離したサブキャラを作ったところからでした。

島はメインと共有ですが、サブキャラにも当然家が与えられ、ローンも払いなおす必要があります。

 

そして私は、サブキャラのために金策をしてローンを払うというのが馬鹿らしかったのです。

時間操作をして、金利を使ってお金を増やしました。

ローン全額までは増やしてませんが、奥の部屋と左の部屋ができるくらいにはお金を増やしました。

私の転機はここですね。

 

 

さて、時間操作によってある程度家を広げた私は、サブキャラの方でインテリアの面白さを知りました。

元々どう森には飽き始めていて、メインキャラの方は全然家が拡張されてなかったんですよね。

そのため、内装を整えたのもこの時が初でした。

家具を買うお金もありますしね。

 

これがね、とにかく楽しかった。

もちろん、大したものは作れないんですよ。

拡張したと言っても、まだまだローンが残っている状態ですし。

 

ですが、そこまで抑えつけられたのも相まって、めちゃくちゃ楽しかったんですよね。

そこで、自分は作業が嫌いなだけで、どう森自体が嫌いなわけではないことに気づきました。

 

そうなったらもう早い。

時間操作でどんどんお金を稼ぎ、クリエイティブにのめり込んでいきました……とはならず、その時点からは殆ど時間操作を行わずに満足しています。

というのも、そこまでの状態で島整備のフラグが立ち、坂や橋を作れるようになったんですよね。

 

一応、坂や橋を作るのにもお金はかかるんですが、ローンと比べれば遥かに少額ですし。

そのくらいは楽しんで金策ができるかなーということで、そのままの状態で楽しんでいます。

 

 

 

時間操作に対する見解

既に1800字書いてますが、ここからが本題です。

「時間操作は悪なのか」という議論について。

 

結論から述べますが、時間操作は好きにやって良いと思っています。

 

極論言ってしまうと、所詮ゲームなので好きにやればいい。

チートの様な利用規約に反する行為はともかく、時間操作なんて誰に迷惑をかけるわけでもないですし、非推奨とはいえ公式からも禁止されていません。

やりたいならやれば良い。

特に、私の様な金策は苦行を感じるけれど島の整備はやりたいという方は、ストレスが溜まる前に時間操作をするべきだと思います。

 

何度も言いますが、所詮ゲームです。

趣味なんです。

楽しくなかったら意味がない。

 

例え、時間操作によって飽きが早くなっても、時間操作をしてなかったらそもそもハマることすらないんですから。

そこにマイナスはありません。

 

ですから、私個人としてはv1.2.0で金利が下げられたのも納得いきません。

運営側が遊びの幅を削ってどうするんだと。

 

まあ、お詫びの品として送られてきた「ベルぶくろのラグ」はセンスあるなぁと思いましたが(笑)

これは中々に煽り性能が高くて好き。

 

前置きよりも本題の方が明らかに短かったですが、以上が私の見解。

時間操作に関しては、やりたければやれば良い。

金利で稼げなくなったので金策目的には少し面倒ですが、季節物だったり、イベントのフラグだったり。

そういった要素は時間操作によって遊べるので、待つことがストレスになるくらいなら素直に時間操作した方が精神衛生上良いかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました